ロシアワールドカップ

こんにちわ、Toshiyaです。

やはり、これに触れない訳にはいかないなと。
朝3:00からの試合、次の日仕事の皆さんも観たのではないでしょうか。
頑張りましたね。日本代表。

ベルギー相手によく頑張りました。
勝利がよぎりましたね。ベスト8か!?ベスト8なのか!?
って、思わせる試合だったんだから、とても良い試合と思います。

フランスワールドカップから頑張ってきた日本代表。
今回はあまり話題にあがってないようにも思えて、熱量が少なく感じて不安でしたが
最後には期待されて、色々物議も起きて話題になったのは良かったと感じています。

4年後も頑張って欲しいですね。
どんな時間でもテレビの前で応援したいと思います。

ガンナー防具の撤廃

こんにちわ、Toshiyaです。

今作では剣士とガンナーの防具の切り分けが無くなりました。
ガンナーの為に、わざわざ防具を作る必要が無くなったので、
剣士とガンナーの両立がしやすくなったのではないでしょうか。

スキル周りは、どうしても剣士に関係の無いスキルやガンナーに関係ないスキルが
あるので、どうしようもないのなかと思いますが、まだ詳しく見てないのでなんとも。

この試みは初なので、試行錯誤が必要なのかなと思います。
とりあえず、武器の持ち替えで全部の防具が外れるとかは無いので、
ある意味、普通になったのかと思います。

我が実家の野良猫事情 その44

またまた元子猫ちゃんが、スズメさんを捕まえたそうです。
うん、スゴイね。。。
彼女は見た目に反して、狩り能力が高いということを実証し続けています。

それからしばらくは、スズメさんを狩ることもなくなったある日、車庫内になぜかネズミの頭だけが転がっていたそうです。
元子猫ちゃんの仕業でしょうか?
まぁ、そうとしか考えられませんが……。

というよりも何故、頭だけ?
胴体は???
家族からの回答は、
「知らない。食べたんじゃない?」
あぁ、まぁ、そういうことになってしまうよね。。。
うん、こればっかりは仕方がない。

そして連休で帰省する前のこと。
「『またJUBIAが帰ってくるよー』って言ったら、ニャーって返事してたさー。分かってんだか、分かってないんだかねぇ」
と嬉しそうに言っておりました。
うん、分かってないと思うよ。

ラスボス?!

本日も「モンスターハンター ワールド」。

やはり最後はゾラの討伐になるのかな?と思いきや、ここにきて新しいモンスター、ゼノ・ジーヴァが登場!
真っ白なドラゴン型で、尻尾がそこまで長くないミラボレアスのような感じでしょうか。

初見ということもあり、相手の動きを見ながら戦いつつも、地面に穴を開けた直後の大爆発のようなものを回避することができず、大苦戦。
「残りあと10分です」
あうぅ。。。
時間切れかしら……。

と思いきや、おそらく残り2~3分といったところで、ようやく討伐完了。
うん、疲労感がハンパない。
だって、三大古龍と戦った後のゼノ・ジーヴァ戦だったんだもの。

きっと防具はカッコイイんだろうなぁと思いつつ工房を覗くと、随一のカッコよさを誇っていました。
う~ん、でもスキルがなぁ。。。
カッコイイ防具に限って欲しいスキルが入っていないのは、モンハンあるある。

そろそろ防具も新調したい。

今月のねこぱんち

今月の「ねこぱんち 七夕猫号」!
巻頭ページは、映画「猫は抱くもの」の紹介。
沢尻エリカさん主役の猫の映画で、猫の良男がなんとも凛々しい!

【推し漫画】
■しろねこ荘のタカコ姐さん(著:胡原おみ氏)
最終章へ突入ッ!!
学生住人の授業参観にタカコさんと、いちごちゃん&リクも?!
いちごちゃんは学校へ行きたいようです。

■おじさんと猫と少女(著:遊佐ハルカ氏)
律子さんから浴衣をもらった鶴ちゃん。
しかしながら、黒井さんとノアさんが帯で爪とぎ。。。
ホオズキも猫にはよくないようです。
次号は、泣いても笑っても最終回ッ!

■にゃんこま(著:みあ氏)
猫にも乳歯があると、初めて知りました。
甘ちゃんとこまちゃん、2匹は仲良くなれるのでしょうか?

■まねきねこ不動産(著:空乃さかな氏)
ご近所のお年寄り達のあるあるです。
整形外科と内科に行くと、お年寄りの方達でいっぱいなのをよく見掛けます。

■キジトラ猫の小梅さん(著:ほしのなつみ氏)
小梅さんも甘えたいのね。

■猫が町を幸せにする(著:柿生みのり氏)
なんと!嬉しい2本立て!!
病院嫌いのおじいさん。
猫も定期的に病院へ行くのだから、勇気を出そう。
2本目は、ラスボス、飼い猫になってしまう?!

■花咲か猫さん(著:ひぐちにちほ氏)
迷子になった2匹の子猫。
お母さんに会えるヒントは、月見草。
月見草は、朝になったらピンクになってしぼむと初めて知りましたが、月見草自体、まだ見たこともありません。

ドラゴンゾンビ

こんにちわ、Toshiyaです。

今回、やはり触れなくてはいけないのが
オオナズチの解雇じゃないでしょうか(笑)

色々と問題があったと思うのですが
クシャルとテオの続投は既定路線として、
属性的に雷と水が残ってたと思うんですよね。

で、やっぱりキリンは残すんですねと。で雷が消える訳です。
水なのかな。水なのかなと。
からのドラゴンゾンビ。
想像の斜め上でしたね。

たしかに竜モンスといえば、必ず出てくるドラゴンゾンビ。
まさかモンハンにも登場するとは。

瘴気が先なのかドラゴンゾンビが先なのか、わかりませんが、三大古龍的にはナズチよりも適任かなと思いました。
ランダムボール!!!は好きでしたけどね(笑)

宝塚記念 結果

あこんにちわ、Toshiyaです。

春のオールスター戦
ちょっとオールスター感が無いとは言われてますが。

結果です。

第59回宝塚記念(GI)
芝・右 2200m

1着 04 ミッキーロケット
2着 13 ワーザー
3着 02 ノーブルマーズ
 枠 2-7

ミッキーロケット
騎手共に悲願のG1制覇。
和田騎手はテイエムオペラオー以来とか。
今年は日本人騎手、すごいですね。

次回は夏競馬に入ります。
サマーシリーズは
サマースプリントシリーズ
サマー2000シリーズ
サマーマイルシリーズ
サマージョッキーズシリーズ
等があり、

この中でサマー2000シリーズの
函館記念と札幌記念を予想していきます。

次回は函館記念です。

2018年予想戦績 12戦06勝06敗

さて、当たった方も、そうでない方も次のレースに思いを馳せましょう。

宝塚記念

今週の日曜は、GⅠ「宝塚記念」(阪神・芝2200m)!!

我々の予想は・・・。

■Toshiya
[単勝]
③(サトノダイヤモンド)

[枠連]
①-④
(ステファノス、ノーブルマーズ)
(パフォーマプロミス、ダンビュライト)
②-④
(サトノダイヤモンド、ミッキーロケット)
(パフォーマプロミス、ダンビュライト)
④-⑤
(パフォーマプロミス、ダンビュライト)
(サトノクラウン、ヴィブロス)

[3連複]
③-⑧-⑨
(サトノダイヤモンド-ダンビュライト-サトノクラウン)

■JUBIA
[単勝]
⑯(キセキ)

[枠連]
②-⑧
(サトノダイヤモンド、ミッキーロケット)
(ゼーヴィント、キセキ)
④-⑧
(パフォーマプロミス、ダンビュライト)
(ゼーヴィント、キセキ)
⑤-⑧
(サトノクラウン、ヴィブロス)
(ゼーヴィント、キセキ)

[3連複]
③-⑦-⑯
(サトノダイヤモンド-パフォーマプロミス-キセキ)

三大古龍

本日も「モンスターハンター ワールド」。

メインストーリーも終盤を迎える頃になると、任務クエストでは今作の三大古龍となる、クシャルダオラ、テオテスカトル、ヴァルハザクの討伐クエストが発生。

■クシャルダオラ
風圧が前作までとは比べ物にならない程に、ハンパないです!
これまでの竜巻なんてものではなく、風とともに色々な残骸も飛び交っていて、ひどい時には向こう側が全く見えません。
すこぶる強くなって帰ってきたようです。
地形ダメージ?の竜巻が残っている場所へ落とし物があると、竜巻が止むまで拾えません。。。

■テオ・テスカトル
こちらも、見た目では火のオーラがハンパない感じですが、クシャルよりは戦いやすかったです。
ですが、肝心のテオさんよりも、地形ダメージで体力が削られる場所やマグマ噴射の方が痛かった。。。

■ヴァルハザク
まさに、ドラゴンゾンビ!!
瘴気ブレスに当たってしまうと、体力の最大値が半分に。。。
ウチケシの実で最大値は元に戻るんですけど、減った体力も回復しなくてはならないので回復動作が二度手間に。

全て戦った後になると、やはりクシャルが一番戦いたくない相手かな……と思いましたが、必要素材は一度で全て揃ったので一安心です。

ミスター・ジョー

本日も「モンスターハンター ワールド」。

今作では、イビルジョーが大型アプデで追加されました。
普通のクエに行っても、なかなかジョーさんに遭遇しなかったので、素材集めがてらジョーさんの痕跡でも集めようかと瘴気の谷へ探索に。

ジョーさんの痕跡見っけ!
と思ったら、遠くにジョーさんの姿が!!
相変わらず、デカイ。
なんか勝てる気がしない。。

遠目で様子をうかがいながら後をつけていくと、オドガロンと鉢合わせ。
……。
…………。
ジョーさん、オドガロンをくわえてブンブン丸!
オドガロンがキャンキャン鳴いてました。。。
なんということでしょう、まさに地獄絵図。

ただの探索だったので食事もせず、回復薬も持たない状態で、そんなジョーさんに果敢にも挑みました。
尻尾だけでもお持ち帰りしたい!

案の定、何の準備もしていなかったので、キャンプへの強制送還を繰り返すこと数回、ようやく尻尾を切って剥ぎ取り、数個の落とし物も土産として逃げ帰ってきました。
今度こそメンタルを整えて挑んでみようと思います。

1 2 3 4 5 203