我が実家の野良猫事情 その18

ここ最近、元子猫ちゃんの元に、母猫らしきドラ猫の他に、元子猫ちゃんにそっくりな猫が二匹やってくるようになったそうです。

母猫らしき猫には、今でも威嚇するそうですが、兄弟猫らしき猫達には、鼻をツンと合わせて挨拶を交わしているようで、何やらなごやかな雰囲気だとか。
その兄弟猫らしき猫達は、顔も似ていて模様もそっくりなようです。

そして、よくよく観察すると、一匹は元子猫ちゃんよりブサイクで、もう一匹は元子猫ちゃんよりもカワイイらしい。
後から、5~6軒先の家でその猫達を飼っていることが判明しました。
それにしても、何故に元子猫ちゃんだけウチにいたのかしら?

DESIRE 背徳の螺旋

こんにちわ、Toshiyaです。

久しぶりに、家庭用ゲームで遊んでるゲームを記事にする第二弾です。

で、ゲームは
もちろん、
「DESIRE 背徳の螺旋」
vita版ですね。
言わず知れた名作アドベンチャーゲームです。
このゲーム、セガサターンでクリアし、PS2でクリアし、
3度目ともなるプレイです(笑)

ここまで前回と全く同じ内容(笑)

じゃあ、なぜやるのか。
トロフィーかなと。過去には無かった要素。
実績はどのような内容になったのか。
時を超えて、追加される要素ですね。

もはや求める要素も前回と全く同じ(笑)

トロフィーはEVE同様、面白いテキスト主にアル編で様々なものが用意されてます。
で、今回も総当たりで最後まで行けば100%になります。

次回のアドベンチャーの記事は「慟哭 そして・・・」
でお会いしたいものです。

ぜひ、未プレイの方は遊んではいかがでしょうか。

函館記念(GIII) 結果

こんにちわ、Toshiyaです。

さぁ夏競馬開催
夏競馬は函館記念と札幌記念を予想していきます。
で、まずは函館記念

結果です。

第53回農林水産省賞典 函館記念(GIII)
芝・右 2000m

1着 12 ルミナスウォリアー
2着 14 タマモベストプレイ
3着 15 ヤマカツライデン
 枠 6-7

荒れましたね。
有力馬のサトノアレスは沈んでいきました。。。

次回は札幌記念。
スターホースの参戦を期待します

2017年予想戦績 13戦05勝08敗

さて、当たった方も、そうでない方も次のレースに思いを馳せましょう。

函館記念(GⅢ)

今週の日曜は、GⅢ「函館記念」(函館・芝2000m)!!

我々の予想は・・・。

■Toshiya
[単勝]
⑯(サクラアンプルール)

[枠連]
④-⑧
(マイネルミラノ、カムフィー)
(ヤマカツライデン、サクラアンプルール)
⑤-⑧
(スーパームーン、ステイインシアトル)
(ヤマカツライデン、サクラアンプルール)
⑦-⑧
(パリカラノテガミ、タマモベストプレイ)
(ヤマカツライデン、サクラアンプルール)

[3連複]
①-⑬-⑯
(サトノアレス-パリカラノテガミ-サクラアンプルール)

■JUBIA
[枠連]
①-⑧
(サトノアレス、ダンツプリウス)
(ヤマカツライデン、サクラアンプルール)
②-⑤
(ナリタハリケーン、ケイティープライド)
(スーパームーン、ステイインシアトル)

[馬連]
④-⑯
(ケイティープライド-サクラアンプルール)
⑦-⑩
(マイネルミラノ-ステイインシアトル)

[3連複]
①-⑨-⑪
(サトノアレス-スーパームーン-ツクバアズマオー)

我が家のハムシター事情83

週に二度程あげているオヤツの粟ボール。
我が家の♀子ネズミさんは、たいそうお気にのご様子。

しかしながら、手の平で粟ボールの房から小さな粟の粒をハムハムしている間に、粟ボールが♀子ネズミさんのオマタの間へずれていきます。
そうすると、自分の手前に粟ボールを置き直し、再度ハムハム。
だがしかし、再び粟ボールは♀子ネズミさんのオマタの間へ…。
ヘタかッ?!

そんな事を繰り返しながら、全ての粒をハムハムし終わると、手の平にこぼれた粟の粒の一つ一つをバキューム。

そして、私の顔を見上げる♀子ネズミさん。
そんなカワイイお顔でオネダリしても、2個目はあげませんよ。
ケージの中へ戻された♀子ネズミさんは、
「ふんっ、仕方ないわね。今日はこれでヨシとしてあげるわ」
少しばかり不機嫌そうに、クシクシし始めます。

たまに貰えるからこそ、もう少し有難みを感じて欲しいと思う今日この頃です。

ペルソナ2罪 その1

ペルソナ2罰だけ持ってて、ペルソナをクリアしたら2をやろうと思っていたら、ペルソナ2罰は2罪の続編だということを知りました。
え。。。
ペソナ2罪とペルソナ3を注文して2罪が届いたので、ペルソナの雪の女王編は一旦お休みです。

早速、2罪をプレイしてみます。
前作と大きく異なるのは、戦闘で隊列がなくなったことと、ペルソナを作るにあたって、今作はタロットカードの種類ごとを集めて作るといったところでしょうか。
前作だと、敵のスペルカードの組み合わせでペルソナを作ることができましたが、今作では作りたいペルソナに必要な枚数分のタロットカードが必要となります。
これは……タロットカードを沢山集めようとしたら、戦闘にならないのでLVがほとんど上がりません。
今までは、適当に集めたカードで適当にペルソナを作ってましたが、作りたいペルソナを絞って、集めるカードの種類を見極めないといけないようです。

そして、合体魔法なるものが追加されました。
キャラ同士が特定の順番で特定のスキルを使うと発動します。
でも……あれ?
合体魔法を使いたいターゲットは選べないのかな??
それって、魔法反射の敵とかに当たったら……。
説明書をよく読まないとダメかしら。

EVE burst error R

こんにちわ、Toshiyaです。

久しぶりに、家庭用ゲームで遊んでるゲームを記事にするです。

で、ゲームは
「EVE burst error R」
vita版ですね。
言わず知れた名作アドベンチャーゲームです。
このゲーム、セガサターンでクリアし、PS2でクリアし、
3度目ともなるプレイです(笑)

じゃあ、なぜやるのか。
トロフィーかなと。過去には無かった要素。
実績はどのような内容になったのか。
時を超えて、追加される要素ですね。

トロフィーは面白いテキスト主に小次郎編で様々なものが用意されてます。
で、普通に総当たりで最後まで行けば100%になります。

ぜひ、未プレイの方は遊んではいかがでしょうか。

我が実家の野良猫事情 その17

GWの帰省。
元子猫ちゃんの姿は、お正月時のブニャット状態から夏毛へと変わり、二回り程スッキリとしていました。
真上から見た身体のラインは、ミリ単位程のくびれがあるだけで、まだ若干ぽっちゃりさん。

夕食時にテレビで巨人の星のアニメが流れると、飛雄馬君の顔が元子猫ちゃんに似てると母が言い出しました。
最初はえーーっ?!と思っていたところ、何故か不思議と段々、飛雄馬君の顔が元子猫ちゃんに見えてきました。
あの小ムッチリした体型と、短い手足、顔の輪郭、そして何より目元がクリソツに見えてきてしょうがない。
飛雄馬君が画面に映る度に、笑いを堪えるのに必死でした。

ペルソナ その9

さて、二度目のラスボス戦。
攻略サイトを覗いてみたら、そんな戦い方があっただなんてと、目からウロコ。
LV上げも飽きてきたので、試しにその方法をとってみたら……難なく撃破。
マジか、今までの苦労は。。。

セベク編を終え、雪の女王編をやろうとしましたが、なんと!二週目には何の特典もございません。
そして、分岐の手前のセーブデータを取っておいてなかった私は、最初から始めることになりました。
とほほ。。。

今度は違うキャラを仲間にして、いざ雪の女王編へ。
サクサクと進んでヒュプノスの塔へ。
塔では制限時間があるようで、なんだか焦ってしまいます。
しかも、階が進むごとに敵のLVが自分達を超えていってる!
このままで塔のBOSSまで行けるのかしら?
LV上げしようにも、制限時間が気になる……。
まずこれまで集めたスペルカードで、2Fのベルベットルームへ戻って、合体して強いペルソナでも作りますか。
それぐらいなら時間も間に合うでしょう。
その道中で多少のLV上げにもなるだろうし。
と、8Fまで来て2Fへ戻ることにしました。

我が家のハムシター事情82

我が家の♀子ネズミさんの夜の起床は、だいたい21~23時。
いつもは、その起床に合わせて食事を用意しています。

しかしながら、寝起きの♀子ネズミさんは、すぐに餌入れの中を確認し、食事がまだ用意されていないと知ると、
「ちょっとー、私のご飯が用意されていないじゃないっ!」
と、ケージをガジガジ。
いや、君を起こさないように起きてから用意しようと思っていたのだが。。。

それならばと、翌日、なるべく音を立てないように食事を用意して、そっとケージの中へ食事入りの餌入れを投入すると、すぐさま起きてきて餌入れの中を確認し、
「ちょっとー、私がまだ寝てるんだから、ご飯は起きてからにしてよね!」
と、ケージをガジガジ。
えーと…。

♀子ネズミさんへの接し方は難しい。

1 2 3 4 183