J◆B Digital Book

short story

●タルタロスの沼(ホラー)


タルタロスの沼

 [Amazon Kindle版]
<あらすじ>
男女4人が住むこのシェアハウスでは時々不思議な現象が起こり、それを住人達は座敷童のイタズラと呼んでいた。
そこへ新たな住人・菜那子がやって来ると、座敷童に会えるのを楽しみにする菜那子に音弥はそれを見せようと皆に内緒でカメラを仕掛けたが、それ以降、不思議な現象はピタリと止んでしまった。
そんな矢先、菜那子が失踪した。
渦巻いていた恋愛模様と、菜那子の行方を心配しようとしない住人達。
菜那子が密かに抱えていたという悩みが明らかになる中、カメラの映像には信じられないものが映し出されていたが、それはほんの始まりに過ぎなかった。
(「ルール」より)
ホラー&サスペンスの短編集第二弾は、出口を見失った者達の5つの物語。
<金額>
 250円(税込)
<発売日>
 2019-12-19

●オメテオトルの森(ホラー)


オメテオトルの森

 [Amazon Kindle版]
<あらすじ>
これは光を求め、闇に溺れた6つの物語。
羨望と嫉妬、愛情と憎悪、陰と陽、表層と深層、遵守と違背、祈念と代償。
それらが交わる時、物語は加速する。
「失せ物」、「ホテルコンシェルジュのおもてなし」、「鏡の中のフレイヤ」を含む全6話。
<金額>
 250円(税込)
<発売日>
 2019-06-18

●鏡の中のフレイヤ(ホラー)


鏡の中のフレイヤ

 [Amazon Kindle版]
<あらすじ>
鏡に映るのは真実か?虚像か?
海沿いの小さな町で、幼い双子の妹・沙奈が波止場から海に転落した。
沙奈の行方は依然として不明のまま、その事故から7年が過ぎた頃、双子の姉・美紗はおかしな夢を見るようになる。
仲の良い双子の姉妹に隠された秘密と悲劇のホラーサスペンス。
<金額>
 99円(税込)
<発売日>
 2019-05-15

●ホテルコンシェルジュのおもてなし(ホラー)


ホテルコンシェルジュのおもてなし

 [Amazon Kindle版]
<あらすじ>
不倫相手の上司を密会したホテルで殺し、捜査の手が自分に及ばないよう、指紋等を全て拭き取って何食わぬ顔でホテルを出た女。
その翌朝、ホテルの支配人を名乗る男が、女の元に忘れ物を届けにやって来る。
しかし、スーツケースに込められた忘れ物は、やがて女の日常を狂わせていく。
ホテルの親切丁寧なサービスによるホラーサスペンス。
<金額>
 99円(税込)
<発売日>
 2019-04-02

●ウズメの木(ホラー)


ウズメの木

 [Amazon Kindle版]
<あらすじ>
日本各地の不思議噺を集めていた旅人は、とある小さな村で最近起こった不思議噺を耳にする。
それは、欠けた鏡を山深くにある巨木の元へ埋めると、やがて元通りの姿となって持ち主の元へ戻ってくるという不思議な噺だった。
しかし、噺はそれで終わりではなかった。
不思議な力を宿す巨木と、それに翻弄される村人達を描く怪奇ホラー。
※この「ウズメの木」は「失せ物」の前日譚で、「失せ物」に登場する文献に纏わる物語です。
<金額>
 無料
<発売日>
 2019-03-06

●失せ物(ホラー)


失せ物

 [Amazon Kindle版]
<あらすじ>
人は何かを失くした時、それはすぐには見付からない。
いつしか失くした物の存在を忘れ、日常を取り戻した時、それは姿を現す。
男が失くしたものは……死体だった。
古くから伝わる奇妙な言い伝えと、男に降り掛かる災難の怪奇ホラー。
<金額>
 99円(税込)
<発売日>
 2019-02-27

●私とワタシの物語(ハートフル)


私とワタシの物語

 [Amazon Kindle版]
<あらすじ>
そこに、一匹の猫がいた。
そこに、一人の人間がいた。

憂鬱な日常を送っていた「私」と、突如外の世界へ放り出された『ワタシ』。
その出会いによって、一人と一匹の世界は変わっていく。
「私」と『ワタシ』の視点で描かれるハートフルストーリー。
※新装・改訂版
<金額>
 99円(税込)
<発売日>
 2017-12-20
(初版:2015-08-19)

↑ PAGE TOP