試されし道 ◇始の頃◇

「…お…お兄…ちゃん……お兄ちゃん助けてえーーっ!!」
今から半時前。
「お兄ちゃん、先に行ってるねっ」
「あっ、お、おい、ちゃんと準備してから行かないと…」
キャンプ地から足早に駆け出す妹を目で追いながら急いで支給品の整理をする兄。
妹は今年、ハンターになったばかりの新米ハンターだ。
三つ上の兄は、そんな妹を色々な場所へ連れて行き、実践での狩りや、どんな場所で何が採れるかなど、自身の持ち得る知識を余すことなく教えていた。
活発で好奇心旺盛な妹は、持って生まれた天性なのか狩りの上達がとても早く、失敗を恐れず、“まずやってみるね”が口癖の考えるよりも体が先に動くタイプだ。
一方、兄は何事も調査した上で実行に移す慎重派で、知識だけは豊富だった。
が、考え過ぎて行動が一歩遅れてしまうこともしばしばあった。
また、妹思いな反面、最近狩りの腕前が自分よりも勝ってきた妹に対し、若干ではあるが何かいい知れない思いを感じてきたのも事実だった。
今日訪れた塔は、実は以前にも何度か兄妹で来ていたが、妹がいたく気に入ったようで、妹からせがまれてまたここ来る事になってしまった。
準備が整った兄は、キャンプ地を抜け出し、ゆっくりと妹の後を追う。
妹の居場所は検討が付いている。
橋を渡った先を下りた雷光虫が漂う小部屋だ。
やはり女の子というところなのか、幻想的な雰囲気が妹にとって塔の魅力の一つになっていた。
空中漂う雷光虫と戯れる妹を見付けると、先に行くぞと足早に小部屋を抜ける兄を「あーぁ」と溜め息つきながら追い掛ける妹。
部屋を抜けた先の拓けた場所には、眼下に見渡す限りの広大な湿原が広がり、まさしく絶景の穴場があった。
妹はここから見える景色が一番のお気に入りだった。
恍惚の表情で景色を眺める妹。
「お兄ちゃん、いつかあの湿原に行ってみたいね」
「あ、あぁ」
兄は、ギルドからの発注エリアにまだ湿原が許可されていない事を知っていたが、妹の夢を壊したくないという兄心からか適当に相づちをうった。
妹につられ、景色に見入っていた兄に背後から何者かが忍び寄る。
ペッ
「あっ!!」
ギアノスに氷液をかけられた兄は、体にまとわり付いた氷で思うように身動きが取れない中で、氷を払おうと必死にもがいた。
「あははっ」
それを横から見ていた妹は、雪だるまのよう姿で体を揺さ振る兄が可笑しくてたまらなくなった。
「おいおい、笑って見てないで手伝ってくれよ」
ごめん、ごめんと、妹は笑いを堪えながら剣の鞘で兄にまとわり付く氷の塊を割ってやった。
湧き出てくるギアノスを退治し終わると妹は、
「んじゃっ、メラルーと遊んでくるね」
と、一人で奥へ走って行ってしまった。
妹が最近ハマり出したのが、メラルーとの物取り合戦だ。
いつもは妹の勝利に終わり、メラルーから巻き上げたスタンプとやらを密かに溜め込んでいる。
たまに逃げたメラルーが落としていったポーチも、きっちりと持ち帰り、中を覗いてはニヤニヤしていた。
中身を聞いても、
「これは男子禁制の秘密のポーチなの」
と言うが、落としたメラルーが雄だったとしてもか?との疑問もよぎるが兄にとっては別段、興味も無いところなので敢えて突っ込まずにいた。
物取り合戦に巻き込まれたくなかった兄は、戻ってくる妹を手前の広場で採掘をしながら待っていた。
「ただいま~」
勝者の笑顔で妹が戻ってきた。
「あれ?あれれ?」
何かに気付いた妹。
「ここって、いつもでっかい岩で塞がれてたよね?なんで岩が無くなってるんだろう?」
採掘していた兄は後ろへと振り返り、岩のあった場所へ目をやると、確かにいつもは真っ黒い大きな岩がそこにあった。
しかし、よく見ると、岩が丸ごと無くなっているというよりも、何かの衝撃で粉々に砕けたらしく、辺り一面には黒く小さな石ころと化した破片が散らばっていた。

防具

<色が違うだけなのに、名前まで全然違う、、、
もう何がなんだかわかんない・・・>
<そんな貴方に贈る見た目関連MAP>

しろねこ服(白)/課金・キット
 ┃
 ┣━くろねこ服(黒)/機器購入特典
 ┃
 ┣━あかねこ服(赤)※あかねこの記憶
 ┃
 ┣━きんねこ服(金)/課金・キット
 ┃
 ┗━ぎんねこ服(銀)/課金・キット
スマート(白黒)/書籍購入特典
 ┃
 ┣━ブートアップ(緑)/キャラ追加サービス特典
 ┃
 ┣━エクストラ(青)/エクストラコース特典
 ┃
 ┣━エアリアル(桃)/書籍購入特典
 ┃
 ┣━ユウェネス(白青)/書籍購入特典
 ┃
 ┣━ロジウェア(黒赤)/機器購入特典
 ┃
 ┗━キューラー(白水)/Nコース特典
ノワール(黒)※黒星鉄
 ┃
 ┣━ルージュ(赤)※思い出のかけら
 ┃
 ┗━ブラン(白)※白星鉄
アスール(青)※ギルドエンブレム
 ┃
 ┣━メラン(黒)※誰かの王冠
 ┃
 ┗━ハーヴェスト(白)※収穫のコイン
エクエス(白)※祭典の思い出
 ┃
 ┣━ストレガ(黒)※祭典の思い出
 ┃
 ┗━クラージ(赤)※祭典の思い出
ソルダート(白)※イベント補助券
 ┃
 ┣━シュッツ(赤)※猟団チケット
 ┃
 ┣━ウィダ(黒)※祭典の思い出
 ┃
 ┗━アスハルテ(金)※ギルドメダリオン
ルディア(緑)※イベント補助券
 ┃
 ┣━クラフト(青)※チカラの証
 ┃
 ┣━ヒメロス(赤)※剛閃の宝玉
 ┃
 ┣━ブレシス(黒)※破撃の宝玉
 ┃
 ┗━カリエン(白)※穿突の宝玉
========================
ブースターパックは、まだわかりやすいです。
色違いは、同パック内でのみ存在。
他には関連しません。
ブースターパック
・(BP1)ヒプノルータ⇔ヒプノリア
・(BP2)エス・クェラ⇔エコール
・(BP3)ガンズ⇔アグリア
・(BP4)フォーヴ⇔ティーア
・(BP5)ミューズ⇔ディクト
・(BP6)クリュス⇔スタリナ
・(BP7)ルース⇔
========================
ここからは、もう・・・
課金でしか手に入らないと考えて構いません。
なんとなくですが、
(オリジナルキット/パッケージキット)&Nコース&TP
で構成されるのではないでしょうか。
・・・名前がガラリと変わるのは。。。
リアン(青・黒・赤)/課金・キット
 ┃
 ┗━アミティエ(白赤)/Nコース特典
クロムメタル(黒)※倉庫(全身無)
 ┃
 ┣━ホワイトメタル(白)/課金・キット
 ┃
 ┣━ゴシックメタル(黒)/VISAサービス特典
 ┃
 ┣━(赤)課金・ターボパック1
 ┃   ┃
 ┃   ┣━プロクス(剣士全般)
 ┃   ┃
 ┃   ┣━クレネス(ランス)
 ┃   ┃
 ┃   ┣━スィーニ(状態異常)
 ┃   ┃
 ┃   ┗━グラース(ガンナー)
 ┃
 ┗━(青)課金・ターボパック1
     ┃
     ┣━フォルトゥ(報酬)
     ┃
     ┣━ファキル(ガンランス)
     ┃
     ┣━バラバン(笛)
     ┃
     ┗━スフェラ(弓)
プロミス(白・金・桃・水)/課金・キット
 ┃
 ┣━(紫)課金・ターボパック1
 ┃   ┃
 ┃   ┣━フィデル(剣士全般)
 ┃   ┃
 ┃   ┣━ファクト(ランス)
 ┃   ┃
 ┃   ┣━シュロス(状態異常)
 ┃   ┃
 ┃   ┗━アエトス(ガンナー)
 ┃
 ┗━(橙)課金・ターボパック1
     ┃
     ┣━ヴェルス(報酬)
     ┃
     ┣━フラント(ガンランス)
     ┃
     ┣━セリュー(笛)
     ┃
     ┗━ウェネス(弓)
シャラン(緑・白・紫・青)/課金・キット
 ┃
 ┣━ルクス(桃)/Nコース特典
 ┃
 ┣━(赤)課金・ターボパック2
 ┃   ┃
 ┃   ┣━アセルス(剣士全般)
 ┃   ┃
 ┃   ┣━スクラ(ランス)
 ┃   ┃
 ┃   ┣━ファルム(状態異常)
 ┃   ┃
 ┃   ┗━ディゼル(ガンナー)
 ┃
 ┗━(橙)課金・ターボパック2
     ┃
     ┣━スディブ(報酬)
     ┃
     ┣━フィブラ(ガンランス)
     ┃
     ┣━リガス(笛)
     ┃
     ┗━ミーツエ(弓)
ゴルト(黒)/課金・キット
 ┃
 ┣━(赤)課金・ターボパック2
 ┃   ┃
 ┃   ┣━ウルバヌ(剣士全般)
 ┃   ┃
 ┃   ┣━マグヌス(ランス)
 ┃   ┃
 ┃   ┣━ソレルス(状態異常)
 ┃   ┃
 ┃   ┗━パルフェ(ガンナー)
 ┃
 ┗━(青)課金・ターボパック2
     ┃
     ┣━アスティ(報酬)
     ┃
     ┣━アガトン(ガンランス)
     ┃
     ┣━ランプロ(笛)
     ┃
     ┗━ソフィス(弓)
イクス(白・黒・赤・青)/課金・キット
 ┃
 ┣━トランス(青)/Nコース特典
 ┃
 ┣━(緑)課金・ターボパック3
 ┃   ┃
 ┃   ┣━ヴィン(溜め)
 ┃   ┃
 ┃   ┣━ヴァンデ(ガンランス)
 ┃   ┃
 ┃   ┣━デスモ(双剣)
 ┃   ┃
 ┃   ┗━ミクス(ガンナー)
 ┃
 ┗━(黒)課金・ターボパック3
     ┃
     ┣━ウーズィ(火力)
     ┃
     ┣━レガーメ(万能)
     ┃
     ┣━ノット(餓狼)
     ┃
     ┗━ラソス(精密)

上皮は霞

こんにちわ、
カリケシでナズチとボルボロスを引き当てしまったJUBIAです。
本日はオオナズチに行ってまいりました。
ラスタと二人、狙うは上皮のみなので、頭と尻尾を諦めてライトボウガンにしました。
ラスタがナズチの元へと誘導してくれるので、ラスタを生け贄に拡散祭りです。
終始、姿が見えない状態に程よい緊張感で、集中力もなんとか維持できました。
そして、なんと!ラスタが尻尾を切ってくれました。
グッジョブ!!
しかし、尻尾が切れたと言うのに、ここからが長い。
拡散切れたからでしょうか。
そして上位なのに、ただの皮が多い事多い事。
やらせるねぇ(;’д`)
あと9枚地道に稼ぎたいと思う昼下がりでした。

討伐?

こんにちわ、
上ビレ求めて砂地を彷徨うJUBIAです。
本日は、ガノ亜種に行ってまいりました。
ハイガノセクターに強化する過程で、翠水竜のヒレが必要になりました。
ガノ亜種のクエを検索したら、秘伝メモ付きがあるではありませんか。
早速、このクエに出発。
破壊・捕獲でしめしめと思いきや、捕獲した瞬間、
クエスト失敗!!
ヌニッ?!
嗚呼、討伐だったのね。。
気を取り直し、別のクエを回してなんとかヒレ入手。
ハイガノセクターにするのに、今度は上ビレ四個…。
手持ちには一つしかありません。
今度こそ、メモ付き討伐へ。
・・どうしてこう確率低い竜玉の方が入るのかしら。。
明日から上ビレ求めて旅に出ます。

反抗期

こんにちわ、
自分の反抗期は当に忘れ去ってしまったJUBIAです。
最近、ハッピー(マイプーギー)がどうやら反抗期を迎えたようです。
クエ終了後に、お土産を持ち帰る事がめっきり減りました。
我が家に迎えた時は、ほぼ毎回お持ち帰りしてくれたのに、今では五回に一回の割合です。
反抗期のハッピーは、どうすれば元の素直な良い子に戻るのでしょうか?
着せた服が気に入らないのでしょうか?
毎日同じ食事に飽きたのでしょうか?
取り敢えずしばらくは自然に任せ、ハッピー自身の成長を静かに見守っていきたいと思います。
でもね、クエ中にモンスターの足元近くに出現するのだけはやめてね。
モンスターが足踏みする度に「嗚呼、ウチの子が!!」と、心臓がバクバクするから。

〇嫌い

こんにちわ、
犬が苦手なJUBIAです。
と言っても、遠目から見る分には可愛いと思います。
が、近づいた時にハアハアと荒い息でじゃれてくるのが苦手なのです。
(犬好きの方、ごめんなさい)
さて、本日はカム・オルガロンに行ってきました。
あぁ、やっぱり犬なのね。
なんてトリッキーな動きをする犬なのかしら。
私、こんな子を連れて散歩なんて無理!!
エリアチェンジした後に追い掛けて行くと、首掻いて待っていたのには驚きました。
なんてリアルな演出なの!!
それはさておき、討伐後、相方のノノさんが現れてカムの匂いを嗅ぎ、アォーンといなくなる場面を見ると、なにかもの悲しくなり、罪悪感が生まれるのは私だけではないはずです。

お決まりセット

こんにちわ、
いつ何時も、爪・護符4点セットを肌身離さず持ち歩くJUBIAです。
本日も、ホワイトスターラッシュに行ってきました。
たぶん五度目になります。
二回目からはガンナーで、パリプリを担当させて頂きました。
お決まり4点セット、本3冊、弾、弾調合分、回復、ペイントをポーチへ詰め込むと、何かがちらっと恥ずかしそうに顔を覗かせています。
涙を堪え力護符をそっとしまい、BOXの蓋を静かに閉じました。
二度程行くと弾の消費量が把握できたので持参する物を吟味すると、お決まり4点セットを持って行けるようになりました。
それでもほぼ満タンです。
クエ開始早々、地図も持たずに駆け出す私のポーチは、ハッピー(マイプーギー)の置き土産用に一つだけ空けているのは、私とハッピー二人だけの秘密です。

序章 ①

とある辺境の自然豊かな村。
一人の少年の声が聴こえる。
「それじゃあ、行ってくるよ。」
そう言うと少年はバタンと戸を閉めた。
誰に、かけるわけでもない言葉。
戸を閉められた音が寂しく響くその家には
誰もいなかった。
少し前には、この家には家族が住んでいた。
父と。母と。姉と。弟。
暖かな家族が住んでいた。
父は、家族が生活出来るだけの恵みを得に狩りに出かけ、
母は、狩場から少し離れた場所でキノコや薬草等の採取を。
自然から、必要以上に欲せず生きるだけの分の糧を分けてもらう。
生きる糧、村を守る以外に無益な狩猟はしない。
父や母は普遍の教えを受け継ぎ、変わらぬ生活を守っていた。
弟は、武器の扱いが人よりも上手ではなく、
訓練場に通う幼き狩人たちの中でも、飛びぬけて狩りが下手であった。
この村では男の子は年齢が十くらいになると武器を持ち、剣士になる為の
訓練を受けに訓練場に足を運ぶ事が決まりであった。
片手剣と呼ばれるハンターナイフを誕生日に父親から渡され
次の日から訓練場に通う。
教官と呼ばれる髭を生やした男から様々な武器の使い方を学び
自分にあった武器を見つけ習得していく。
2年から3年ほどの訓練を終えた若き狩人達は、
そこで初めて、狩場に向かい親の狩猟を手伝いながら、
いずれは、一人立ちしていく。
村をモンスターから守る為に村に残る者をいれば、
活動拠点を街に移す者もいる。
海を渡る者もいれば、
傷を負い、狩りが出来なくなり村に帰ってくる者もいる。
命を落とす事もある狩りだから、皆、真剣に自分の道を決める。
そんな中、弟は訓練場に通い始めて5年が経っていた。
まわりの同い年の子は、皆、狩場に出ており
弟だけが、いまだに訓練場に通っていた。
村人の手によって捕獲され訓練場に連れて来られたドスランポスを相手に
強化したハンターナイフ改を手に狩猟していく。
命に危険が及ぶと判断されると傍らで見守る教官が助けに入るが、
基本的には、1人で立ち回り、狩猟できるようになる事が目標となる。
協力訓練は4人で行うが、これは、より実戦に近い訓練となり、
弟は、まだその段階に達してはいない。
今まで1度だけドスランポスを狩猟する事が出来た程度だった。
そんな弟を父は、別段怒ったりはしない。
「おまえが、いつか狩場に出たければ出ればいいし、
 出たくなければ、出なければいい。
 ただ、母さんの手伝いは忘れるな。」
と、いつも決まった事しか言わなかった。
姉は、歳が6つ離れた弟の事をいつも心配し、自分が弓の扱いに長けていた事もあり
弟が剣士として訓練するのではなく、ガンナーになる事を勧めていた。
姉も、たまに父の狩りに付いて行く事はあれど、
そのモンスターの大きさや、しばらく耳が聞こえなくなるほどの咆哮に足がすくんでしまう為、
弓でサポート役に徹する事がほとんどであった。
     ◆◆◆
どこからか、小鳥のさえずりが聴こえる。
「行くか。」
そう、呟いたように父は母に語りかけた。
ある日の早朝。
いつものように、父と母は狩場に向かう。
そんな朝の一幕だ。
「今日は砂漠に向かうから、援護にアクアを連れて行く。
 起きているか?」
と母に問うと、
「とっくに起きています。」と姉
 どうやら、姉の名はアクアのようだ。
 奥の部屋から出てきた、その体には防具を付けている。
 背中には弓を背負っていた。
三部屋程の、この家は家族がくつろぐ居間と
父と母の寝室。そして、弟と姉の寝室。
居間で支度していた父と母の物音で目覚め、姉は既に支度を始めていたのだった。
「支度まで出来ているみたいですよ」と微笑みながら
父に答えると、
「そのようだな」とぶっきらぼうに言いながら
父は身の丈はあろうかと思われる大きな剣を背中に背負った。
大剣と呼ばれるその武器は、大きな事が特徴で
中でも彼が持つ炎剣リオレウスは、火の力を帯びていて
村の中でも1、2を争う程の良い大剣を、父は所持していた。
「昔の話だ。」と彼は言う。
若いころに、火竜リオレウスを死ぬ思いで数匹狩猟し
やっと作成したのが、この炎剣リオレウスというわけだ。
「母さんとは、そのころパーティを組んでいてな。」
ある時、父は娘に昔話を話した事があり、
その話によると、母親と父親は同じパーティで狩猟を行い、
母親は弓で大剣を扱う父親を援護していたという。
「おまえの弓の上手さは、母親譲りだよ」
と、滅多に表情を変えない父親が、その時ばかりは表情を
和らげていたそうだ。
「まだ寝ているのか?」
少し、あたりを見回して母に聞く父。
「寝ているわね、起こしましょうか?」
と母。
「いや、いい。
 訓練場に行く時間には、まだ早いしな。
 寝かしておけ。」
バタン。
戸が閉まる音が家に響く。
3人は、おもむろに家をあとにした。
弟はまだ、夢の中だった。
     ◆◆◆
「おーい タルタロス」
どうやら、父の事を呼んでいるようだ。
「砂漠に行くなら赤いモノブロスに気をつけろよー」
この赤いモノブロス。
最近、村を騒がせている正体不明のモンスターの事だ。
モノブロスは普通は薄い土色をしている。
稀に白い亜種と遭遇するハンターもいるが、
赤いものは存在しない。とされてきた。
が、ここにきて目撃するハンターが後をたたない。
しかし、今までも、このような事例はあった。
イァンクックの亜種だとばかり思われていたイァンガルルガや
黒いモノブロスだと言われていたが、よく見ると角が2本あり
ディアブロスの亜種である事が判明したりと。
最初に見る者は初めて見る恐怖により、
様々に誤認し、それを人に伝え情報が錯乱する。
今回の件も
樹海で最近みつかったエスピナス亜種が
砂漠にも適応しているのではないか。という人もいれば、
白いモノブロスを夕方に見て夕焼けで赤く染まってみえたのでは?
という人もいる。
故に、この話題にことかかないモンスターの存在は
この時点では、まだ、恐れるような要因がなにひとつなかったのだ。
「ああ」
いつものように、ぶっきらぼうに左手をあげ、
注意を呼びかける男に、そう答える。
タルタロスと呼ばれるこの男はいつもそうだった。
3人の姿は砂漠に向かい村の門を越えていった。