虚栄

ここはとあるハンターのガーデン。
このガーデンで働く猫達を取り仕切っているのが、麦わら猫だ。
麦わら猫は、猫達を取り仕切る一方で、ハンターである主人の留守中に近くの密林などに出掛け、素晴らしき目利き術により掘り出し物を見付けてくるのが仕事だ。
そんな忙しい日常を送る麦わら猫のところへ主人がやってきた。
仕事から帰ってきた主人は、あちこちが傷だらけだ。
『おや、ご主人、今日も仕事失敗ですかニャ?』
麦わら猫は、主人へ傷の直りが早くなるという秘薬を手渡した。
『して、今日は誰にやられたのかニャ?』
「ガルルガだよ」
『(ギクッ!)ガ、ガ、ガルルガさん・・と言いましたかニャ?』
「ああ、まったく・・傷一つ付けられなかったよ、片目に傷があったけどアレ付けた奴すごいよな~」
『(あわわ、あわわっ)』
麦わら猫は、走馬灯のように先日の出来事が頭の中を駆け巡り、軽いめまいに襲われた。
いつものように、掘り出し物を探しに密林へ出掛けた時、崖の上に何か秘宝らしき匂いを嗅ぎ付け、崖をよじ登り、その匂いの元を探し始めた。
匂いの元はマタタビだった。
(コレは帰ってからの自分へのご褒美とするのニャ)
マタタビを葉にくるみ、大事そうにポーチにしまう。
(さ、そろそろ帰るとするかニャ)
登ってきた崖とは違う方の崖から降りようとした。
(コッチのが帰るのに早いのニャ)
降りている途中、一匹の虫が麦わら猫の回りをブンブンとしつこく飛び交い、払い除けようと持っていたピッケルを軽く振り回した時、足元が滑って崖から転げ落ちる格好になってしまった。
と、その時、崖下にはなんと!イャンガルルガがいるではないか!
『あーーっ、危ないニャーーっ、そこをどくニャーーっ!!』
何かと思い顔を上げたイャンガルルガの頭に、落ちてきた麦わら猫が激突し、持っていたピッケルがイャンガルルガの片目をひっかく形でずりずりと落ちていった。
あまりの痛さにイャンガルルガは我を忘れて怒り狂い、激しい咆哮をあげながらジダンダと激しく足踏みをした。
『(あわわっ、だからどいてと言ったのニャ・・)ごめんなさいなのニャ~』
危うく踏み潰されそうになりながら、麦わら猫は謝罪の言葉を発したが、当のイャンガルルガの耳には届かず、むしろ激しく暴れだした。
(あわわっ、コレはもうダメだニャ、ココは退散するに限るニャっ)
麦わら猫は、その場から逃げるように立ち去った。
それ以来、密林へ出掛ける時はあのイャンガルルガに遭遇しないよう、抜き足差し足で掘り出し物を静かに物色する日々が続いた。
(はぁ~、もうあんな思いはしたくないのニャ)
麦わら猫は、プルプルと硬直していた体を揺さ振った。
「ん?どうかしたのかい?」
『あの~、ご主人、ガルルガさんの片目の傷は私が付けたのニャ・・それで・・』
と言い掛けた時、
「お゛ーーっ?!スゴイなお前っ!!だてに麦わらかぶってたワケじゃないんだ~、いやぁ~他のハンターに自慢してやるよ、ウチの麦わらはスゴイって!」
(あ、あ~、片目のガルルガさんを討伐して欲しいんニャけど・・なんか言えない雰囲気ニャ)
『ま、まあ、昔とったキネヅカだニャっ』

番外編② ゲームデザインについて

こんにちわ、Toshiyaです。
今回は、賛否両論ある課金アイテムについて
主観を述べたいと思います。
この事については、非常にデリケートな事だと思いますので
あくまで、個人的な意見を述べてるにすぎない事をご了承下さい。
先日、XBOX版MHFも、ついに課金アイテムの販売が始まりました。
私は、課金については賛成派です。
ですが課金のみで、運営するのではなく、
月額費用も発生し運営していく事にも賛成です。
タダでやらせろ。とか課金だけにすれ。とか心無い言葉を
掲示板に書き込み、さも、自分の意見が正しいかのような極論を並べる方を、
あちこちで見るのには心を痛めている次第です。
ゲームに直接関係ないアイテムを課金で出す事。
それがないと、行けない場所があったり、クリアできなかったりするのに
課金アイテムが絡むことは、どうかと考えます。
ですのでプーギーの服や、消耗品、マイトレポイント等は悪くないと思っています。
インナーや髪型などのイメチェンポイントなどは、もろ手をあげて賛成です。
逆に課金武器、防具が
ユーザーが時間をかけて作ったものより、強くてはいけないと思います。
少し性能が低いか、なにかしらのリスク、およびペナルティがある位が、
ちょうどよいのではないでしょうか?
どちらかというと、性能が同じで色違いの防具なんかを、
たくさん出す方が良いのではないでしょうか?
でも、いきなり色違いの防具が買えてしまうのもどうかと思うので、
作った防具の色を変えれる素材を課金で出した方が良かったのかもしれません。
既にシステム的にはSPシリーズ等が出てしまったので、上記のようにはなりませんね。
少し残念ではあります。
オリジナルシリーズ(課金)には色違いをターボパック等で展開しているようですが、
デザインが同じで色が違うだけなのにシリーズの名前や、性能まで違うのが残念です。
どうして、ああいうことになってしまったのでしょう。。。
まぁ、何が正しくて、何が間違っているという事はありませんし、
選択肢があることはいいとおもいます。様々な防具があるのはいいのではないでしょうか
なぜなら、基本的にモンスター1種にひとつのシリーズだから、
キットのマギサシリーズや、パックのガンナーに特化したデザインのガンズシリーズ
女子高生の制服みたいなシリーズなどは、課金(オリジナル)でこそ出るべきだと思っていますw
(逆に制服みたいなものは、モンスターやアイテムに紐付けないでほしいw生産券で十分w)
ゲームである前に、ビジネスでもありますから、
ユーザーの意見も大事ですが、客だからといって何言っても許される訳じゃないでしょう。
最近問われるモラルの問題でもあります。
全てが良い方向に向かう事を祈っております。

さて。。

そろそろ、書こうかと思うのですよ。
カテゴリ追加して放置気味の「長編小説」。
ちなみに短編小説はFreyです。
いつか、書き始めてくれるものと信じています。
で、やっぱり書くにあたって悩むのが、設定なんですよね。
登場人物やら背景やら何やらかんやら。。。
どうしようかなと。
こういうのって沸いてくるとタタターと書けるけど、
行き詰るってことは、まだなのかとww
さて、「新説 エンシェントプレート」
もちろん、タイトルです。
その内、少しは公開します。
素人が書くのでつたない文章です。
手直しもガンガンはいりますww
時間が経って、読み直すとストーリー変わってるかもww
というか、ほかにも小説書こうとしてたけど、そっち中断。
こっちに移行します。

作戦成功。

どーも、こんにちわ。
Toshiyaです。
えー先日、作戦カテゴリが追加されました。
なんか無理そうなクエも作戦によって撃破していこうとする
カテゴリです。
で、4章ですが、成功しました。はい。
4人ともハンマー使いであれば、
4人で殴ったほうが早いでしょう。
でも、人には得手不得手があります。無理なものは無理な訳です。
同じ楽器でも、ギターは出来てもピアノはダメってのと一緒で、
練習すれば、上手くなるのでしょうが、時間がかかるし間に合いませんw
やる気もあまりないので、その内・・・ですww
で、作戦な訳です。
この作戦は、ハンマー使いに全てがかかっていますw
この役を任せたのが、ええ、うちの団長ですよ。
「ノーダメージで倒す!!」
頼もしい言葉です(TーT)
僕の好きな漫画のハンター×ハンターのクロロ団長ばりです。
背中には逆十字すら見えました。装備があったら、プレゼントしてたとこです。
笛部隊は演奏しまくりです。
戦闘サポートの笛使いの一人を除いては、
爆破後は、グラビに近づく気すらありませんww
足元に常に張りつき、攻撃しまくり、体当たりをサラリとかわし。
さすが特質系。見事一人で撃破です。
いやー。みんな、書物がとれて、よかったよかった。
軍師としては、満足ですw

家具。

今まで、頑張って作ってきた家具を、大会に出しました。
団員の1人は、まず、レベルを上げるのだ!と、
せっせと家具を買い、
大会に出し、せっかくだからと、何かの報酬を貰っている様子。
ふっ。
男は黙って、一発勝負じゃ!!!
ドドブラセットを大会に出しました。
僕はエスピを中心に作ったレイアウトセットと
ドドブラ絨毯を中心としたセットを作成していて、
自信があったドドブラを大会にだした!
結果は、レイアの頭と
金のテーブルをもらいました。オーケーさ!

失われた書物・4章

目的地
火山 (寒冷期 / 昼)
受注条件
レア度4以下のハンマー、狩猟笛
マストオーダ
グラビモス1頭の狩猟
グラビモスの胸部破壊
防具貸与:広域
①問題点
・支給品が少ない⇒クーラーが無い。ペイントが無い。
⇒タイムロスが大きすぎて討伐できない
・ハンマーと笛限定⇒生産していない
⇒不得手な為に体力が減るが回復できない、その救済処置がない。
・爆弾があるが、起爆方法がない
⇒起爆に体力を減らすわけにいかない。
②支給品
クーラー4個 応急薬12個 携帯砥石 8個
罠2つ G2爆弾 4個
あとはどうでもよい。
③作戦
武器は下記で。
要員① ハンマー(使用可能武器)
要員② 笛(使用可能武器)
要員③ 笛(不得手武器)
要員④ 笛(不得手武器)
要員①が支給品3人分を使用。
要員②は支給品1人分を使用。
要員①と要員②はグラビモスを追いかけ、ダメージを蓄積。
罠とG2は要員③と要員④が所持。
はじめに採取を行う。
エリア1で怪力の種
エリア3で怪力の種
エリア4で石ころ、砥石、忍耐の種
エリア7で石ころ、砥石、怪力の種
ここまでで石ころがとれてなければエリア6で石ころ取得
合流次第、足元に罠設置。
成功後、G2を「石ころ」で爆破。
怪力と忍耐を広域で使用。
あとは、笛で暑さ無効と回復を使用。
暑さ無効は欲しいところ。
笛で期待したい譜面
・強走効果 白⇒青 OR 桃⇒青⇒青 
・体力回復 赤⇒緑  OR  緑⇒赤⇒黄
・暑さ無効  水⇒緑⇒水
ここで、要員③と要員④のどちらかはランポスバルーン系 を選択。

笛デビュー

こんにちわ、
ラスタ用にと笛を作ったはいいが、ラスタだと支援ばっかりと聞いて、日の目を見ない笛が保管されてるJUBIAです。
イベクエで、慣れない笛を担ぐ事になりました。
演目用楽譜(ボタン押す順番)をメモ。
採取クエで演奏を練習。
コワッパ相手に殴りの練習。
どうにかこうにか本番に望めそうです。
演奏はちょっと楽しいカモ~♪
採取の時や肉集めには笛が便利かもしれない。
強走で肉いらーず、切れ味回復で砥石いらーずだからポーチ圧迫しないし。
でも、メラルーに出会ったらマゴマゴしそうな悪寒…

衝動強化

こんにちわ、
買い物はいつも慎重なJUBIAです。
趣味用にクックカッターを作ろうとしたら、クックスラッシャーへの強化に30万。。
二の足を踏みながら、しばらく放置してました。
久々に強化画面を覗いてみると、素材有り、ゼニ有り。
うーむ…
しばし、画面とにらめっこ。
よしっ!(えっ?
上手に強化できましたぁ~♪
(;’д`)ぁふん。
最終強化に約40万。
只今の残金、約5万。
たまにはこういう買い物も必要なのよ、きっと・・(ノ_σ)

家具屋大繁盛

こんにちわ、
HR69にして初めて家具に目覚めたJUBIAです。
とは言っても、ガーデンのレベル上げと剛力狙いを兼ねて0からの家具発注です。
剛力パターンの60000点を4回程で陳列レベルが☆4になりました。
剛力2剛体2。
五分五分でした。
あとはガーデンレベル上げつつ地道に剛力を狙います。
しかし、ガーデンレベル上げるのに家具スタンプが必要なんて、目からエスピの上鱗がこぼれ落ちそうです。