club black
    ハッピーハムスター

[ カテゴリー » 短編小説(シリーズ) ]

3卓談義 操虫棍編

ここはとある酒場。
今日も3卓では、いつも仲良し4人組のハンター達が酒を酌み交わしていた。

A「今日のフィニッシュは珍しくDが決めたね~♪」
B「おうっ!珍しくDが活躍したな!」
C「そうそう、あれは珍しくDの貢献によるものだったね」
D「フフフっ」
Dは酒のせいもあってか、この日は珍しく顔を赤らめていた。

B「よしっ!今日はDの話題で大いに盛り上がろうぜっ!」
A「さんせーっ♪」
C「そうだね、たまにはDの話題に付き合うのもいいね」
D「フフフっ、では・・・(ゴホン)」
Dは、テーブルの下の自分の膝の上に隠し持っていたモノをテーブルの上へと持ち上げた。

A「キャーーっ!」
B「ちょっ・・・おまえっ?!」
C「い、いつの間に・・・?」
D「フフフっ、では自己紹介させて頂きますよ?」
?「コンバンワ、ボクはウカドューレのウカドンです、ヨロシクね」
Dは、羽の生えたカブトムシのような虫を、自身の顔の前に両手で持ち上げ、その後ろから裏声を使って虫に自己紹介をさせた。

B「おまえ・・・武器は置いてきてるよな?」
A「酒場に虫を連れてくるなんて・・・」
C「まさか・・・狩りしない時でも君は虫と一緒なのかい?」
D「フフフっ、今では私とこのウカドンは寝食を共にする仲で、24時間いつも一緒にいますよ、フフフっ、どうです?この見事な色合い!」
Dは、ウカドンを自分の肩へ乗せ、ウットリとウカドンを眺めている。

A「ト、トイレも?」
D「フフフっ、そうです。虫でも躾をすればきちんとトイレで排泄をしてくれるようになるんですよ、フフフっ」

B「ふ、風呂も・・・か?」
D「フフフっ、さすがに泡で洗う訳にはいかないので、その時は浴室の扉に張り付いてますよ、フフフっ」

C「まさか・・・寝る時も・・・一緒の布団に?」
D「フフフっ、枕を二つ並べて並んで寝ています。フフフっ、でもこのウカドンはなかなか寝相が悪いらしく、朝起きたら私の額にウカドンの鋭い前脚が刺さっている事もありますね、フフフっ」
Dの額には何度も刺されたような傷跡がいくつもあった。

A「あれっ?たしか、操虫棍って強化したら虫も変わるんだよね?」
D「フフフっ、そうなんですが、このウカドンはこれが最終形態です。他にもシナトモドキのシナキーと、アルジャーロンのアルルンが家でお留守番していますよ、フフフっ。ですが、シナキーは蛾のせいか、ちょっと叱ると家中に鱗粉をまき散らすおてんば娘で少し困ってます、フフフっ」
Dは、困った様子も無く嬉しそうに語った。

B「おまえの家には遊びに行きたくねーなっ・・・」
A「虫御殿・・・」
C「あれ?なんか肩から血出てるよ?」
D「フフフっ、これこれウカドン君、肩は齧ってはいけませんっていつも言ってますよね?フフフっ」

ABC(躾できてない・・・)

— posted by JUBIA at 03:12 pm   pingTrackBack [0]

3卓談義 進化論編

ここはとある酒場。
今日も3卓では、いつも仲良し4人組のハンター達が酒を酌み交わしていた。

A「ねぇねぇ、どうしてモンスターって亜種とか希少種とかいるんだろうね?」
C「生息域が変わったりすると、どうしてもそれに特化できるよう進化するからじゃないかな?」
B「俺らだって祖先は猿だぜ?」
A「じゃー、私達って・・・ババコンガ亜種と同じなのかな?」
C「くすっ、ババコンガ亜種は既にいるから、ババコンガ希少種ってところじゃないかな?」
B「希少って言う割に人口多いけどな(笑」
D「フフフっ」

A「でもさー、亜種って体の色は違うけど、属性とかかなり変わるモンスターと、ほとんど変わらないモンスターがいるよね?」
B「ああ、クックとかゲリョってほとんど変わらねえな」
A「バサルちゃんの亜種は、ピンクだからカワイイよね♪」
D「フフフっ」

C「一番大きく違うのはなんといっても、キリンだよね」
A「あー!亜種になると氷で攻撃してくるもんねー」
C「僕が思うに、あれは・・・唯一宿敵のラージャンに勝つ為の進化なんじゃないかって思うんだ」
B「おーっ、確かに!ラージャンって氷に弱いもんな」
A「ラージャンvsキリン亜種の戦い、見てみたーいっ♪」
D「フフフっ」

D「お姉さん、これオカワリお願いしますね」
B「おっ?今日は飲むねぇ!何かいい事でもあったのか?」
D「フフフっ・・・最近、狩りが楽しみで楽しみで・・・フフフっ」
A「えーっ?なんでー?」

D「フフフっ・・・最近の狩場には、アルセルタスやゲネルセルタス、更にはネルスキュラという大型の虫が増えてくれて私の楽しみが増えたのですよ、フフフっ」
A「・・・」
B「・・・」
C「・・・」

A「あっ、おばさん!お会計お願いしまーす」

D「フフフっ、それでですね、もしも私がネルスキュラで亜種に進化するとしたら・・・睡眠針と麻痺針を・・・」
C「さっ、明日も朝早いからこれでおひらきかな?」
B「だなっ!」
A「そうだねっ!」

D「あっ、まだ私の話には続きが・・・」

ABC「ごちそうさまでしたーっ!」

D(今日はオールで飲むという話は嘘だったんですね・・・ではまたの機会に続きを皆さんへお話ししてあげなくては。楽しみですね、フフフっ)

— posted by JUBIA at 03:27 pm   pingTrackBack [0]

3卓談義 レア素材編

ここはとある酒場。
今日も3卓では、いつも仲良し4人組のハンター達が酒を酌み交わしていた。

A「ねぇねぇ、私、あと天廻龍の光玉が一つ必要なんだけどー、全然入らないんですけどーっ!」
B「おっ?俺の必要な玉は、ゴアの闇玉が一個だぜ?」
A「そーなんだー。私、これがないとこの武器強化できないんだけどー、あのオヤジ、まけてくれないんだよねー、ケっチィよね?」
C「あのオヤジさんは職人気質だから、素材が足りなくて劣化した物を作るのは性に合わないんじゃないかな?」
D「フフフっ」

B「ってか、狩っても狩っても玉が出ねぇってことは・・・アイツら雌って事か?」
A「やだぁー、エッチぃ♪」
C「うーん、まさか狩りをする時に、尻尾を持ち上げて確認することなんてできないしね」
D「フフフっ」

C「僕は、雌火竜の逆鱗が足りないんだけど、逆鱗って言うぐらいだから、怒りの時に討伐しないとダメなのかな?」
A「えー?そんなの関係あるのぉー?」
B「俺もジンオウガの逆鱗ほすぃー」
D「フフフっ」

B「おいっ、Dは何か欲しいレア素材あんのか?」
D「フフフっ、私はですね、濃縮重甲エキスがあと三つばかり・・・」
A「えっ?私5個持ってるよぉー♪」
B「あー、俺も3個位ならあるなぁ」
C「あっ、僕も確か5個ぐらいあったかも」
D「・・・フっ、私だけ・・・ですか・・・フフフ」

B「あー、あれじゃね?センサーってやつ!」
C「あぁ、あるよね。何故か欲しい人には出ないっていう」
A「そんじゃぁ、欲しくないっ!!って思いながら狩りをすれば出るのかなぁ?」
C「くすっ、でも心のどこかで「欲しい」って思っちゃうよね?」
B「俺には無理だなっ!ぜってー手に入れてやるっ!!て思うぜっ」
D「フフフっ」

D「実は、私にはまだまだ必要な素材が沢山あるんですよ、フフフっ」
B「おっ?なんだ?言ってみろよ」
D「上質な腹袋と甲虫の大顎が5個ずつなんですけどね、フフフっ」
A「ぜーんぶ、虫じゃないっ?!」
C「それって・・・結構、取るの大変だよね?」
B「ってか、Dの武器とか防具って・・・もしかして全部虫素材?」
D「フフフっ」

ABC「よくそんなんで戦ってるね(な)っ?!」

— posted by JUBIA at 03:21 pm   pingTrackBack [0]

3卓談義 フィールド編

ここはとある酒場。
今日も3卓では、いつも仲良し4人組のハンター達が酒を酌み交わしていた。

A「ねーねー、みんなどの狩場が好き?」

A「私はねー、やっぱ渓流かなー♪小川のせせらぎとガーグァの組合わせは最高の癒しよね♪」
C「渓流いいね、マイナスイオンたっぷりな感じがするし」
B「そうか?まぁ女子供に受けはいいわな」
A「孤島もいいよねー、のんびり狩りができそうだし♪」
D「フフフッ」

B「俺は断然、闘技場だな!邪魔者はいないし、唯一、男同士のサシの勝負ができるからなっ」
A「えーっ、移動無いし、なんか殺伐としてなーい?」
C「効率の面だと異論無いけど、狩場とはちょっと違うような・・・」
B「そ、そっか?じゃぁ、火山か凍土か砂原だな!極限の環境でこそ己の限界を知るって感じだよな」
A「えーっ、暑いのも寒いのも苦手ー」
C「クーラードリンクもホットドリンクも、ポーチ圧迫するよね?」
B「漢たる者、そんな物は持ちこんではならない!」
A「ただ忘れてきただけじゃなーい」
C「それでこの前、風邪ひいてたよね?」
B「ぐふ・・・じゃぁ、神域でどうだっ?!」
A「・・・・・・」
C「・・・・・・」
D「フフフッ」

C「僕は、孤島の海の中かな。海底で貝を見付けるのが意外と楽しいし」
B「水中いいな!自由に身動き取れない中での真剣勝負!」
A「えーっ、私泳ぐのヘタだから苦手」
C「水没林の水中は濁ってて視界が悪いけど、孤島の水中は透明度が高いよね」
B「海底遺跡もいい感じだな」
D「フフフッ」

B「おいっ、Dはどこがいいんだ?」
D「フフフッ、私はですね、意外と沢山あるんですよ。フフフッ、水没林の奥地か、次点で砂原の洞窟若しくは孤島の奥地か地下・・・」

ABC「どうせ、虫とギィギでしょ(だろ)?」

— posted by JUBIA at 03:25 pm   pingTrackBack [0]

3卓会議 外伝

ここはとあるBAR。

今日も3卓では、とあるモンスター達が酒を酌み交わしていた。


メンバーは
オオナズチ、ウカムルバス、キングチャチャブー
の三匹


    オオナズチ「おい、向こうの七匹帰ったみたいだな。」
   ウカムルバス「ギャーギャーうるせぇよな」
キングチャチャブー「全くだ」

    オオナズチ「ギギネブラのやつ、自分の端材が出てるの知らないのか?」
   ウカムルバス「誰も興味ないんだろ」
キングチャチャブー「全くだ」

    オオナズチ「ドスガレだって紫鱗出てないけど、一応出演だろ。」
   ウカムルバス「桃ヒレも紫鱗もない事が気に入らないんだろ。」
キングチャチャブー「全くだ」

    オオナズチ「一番の問題は俺たちだろ。」
   ウカムルバス「ああ。」
キングチャチャブー「全くだ」

    オオナズチ「俺は三すくみだったんじゃねーのかよ。俺要らない存在?」
   ウカムルバス「お前もそうだが、俺なんか対となる奴が出てんのに俺は?」
キングチャチャブー「・・・・」

    オオナズチ(はっ!?)
   ウカムルバス(はっ!?)

    オオナズチ「すまん、チャチャブーの存在すら微塵も感じさせないよな。今作。」
   ウカムルバス「そうだよな、おまえあっちのグループに行かなくていいのか?」
キングチャチャブー「ああ。気にするな。もはや涙も出ない」


キングチャチャブー「俺たち、チャチャブーの存在は必須なものと勘違いしていた。 
          前作でネコにも代わる存在まで大きくなり、需要があるのかと思っていた。 
          しかし、そうじゃなかったようだ。 
          今一度、ゼロからやり直すよ。チャチャとカヤンバと共にいずれ表舞台に戻る」
         
    オオナズチ「もちろんだ。その時は俺たちもさ。」
   ウカムルバス「さぁ。飲もう」

彼らの夜は終わらない。

— posted by Toshiya at 12:58 pm   pingTrackBack [0]

3卓会議 外伝

ここはとあるBAR。

今日も3卓では、とあるモンスター達が酒を酌み交わしていた。


メンバーは
ドスギアノス、ギギネブラ、ドドブランゴ亜種、ドスガレオス、モノブロス、カンタロス、ヒプノック
の七匹

  ドスギアノス「いや、しっかし俺らだけ出番が無いとはね!」

もう大分酔ってしまっていたドスギアノスが切り出した。

  ドスガレオス「俺、ワンチャンあるだろうか。」
ドドブランゴ亜種「あるよある!大丈夫だって!」
ドドブランゴ亜種「砂漠実装されて俺たち復活だって!だいたいさーあのウンコ臭い奴が実装されて
         俺出番なしかよ!2ndGからずっと待ってたんだぜ!あんまりだよ!」
      一同「わかるよ」

   カンタロス「俺、防具まで存在するのに出番無しだぜ。オルタロスとかクンチュウとかふざけんなよ!」
   カンタロス「クンチュウなんて腕防具しか無いくせに!」
   カンタロス「相方のランゴスタなんて中級モンスに昇格したっていうのに泣きそうだよ」
      一同「わかるよ」

   モノブロス「僕は何でリストラなの?古龍ですらないのに。トライの時は肉のみ。
         今回は交換すらない。亜種までいるんだよ!!!!」

一同はかける言葉が見つからなかった。
嗚咽が聞こえる。。。ギギネブラだ。

   ギギネブラ「俺もだよ。。。わかるよ。わかる。フルフルが出たら俺なんかいらないよ。
         アルビノ枠はひとつだからね。でもさロアルドロスは素材や端材まであるんだよ!」
   ギギネブラ「ネブラネコメイルはどこいったのさ!亜種がフルフルとかぶりすぎたのがいけないのかい!」

一同はかける言葉が見つからなかった。

   ヒプノック「俺は黒歴史だったのかな?」
      一同「そうだよ!!ヴォルの素材があんのはバグだよ。今日だって呼んでないのにくんなよ」
   ヒプノック「!?」

ヒプノックは泣きながら席を立った

  ドスギアノス「最初の呼び名はランポス亜種。防具作ればランポスU。
         ギアノスUが出たら出たで誰も作らない。素材の名前は上位からドスが外れる始末。
         2ndGからずっと待ってたんだぜ!部位破壊されてーよ。アイコン新しくしてくれよ」
      一同「もう一軒行こう。」

彼らの夜は終わらない。

— posted by Toshiya at 01:09 pm   pingTrackBack [0]

グークの旅立ち

私はグークです。

ここしばらく、ハンターさんの姿を見ていません。
何かあったのでしょうか?
それとも、私のことが・・・嫌いになってしまったんでしょうか?

1羽・・・また1羽と、このガーデンにいた他のグーク達がどこかへと旅立っていきました。
そして、とうとうグークは私1羽だけになりました。
私も皆と同じく旅立った方が良いのでしょうか?

でも・・・もしかしたら・・・。
私はチラっとガーデンの入口に目をやりました。

しかし、誰も来る気配がありません。
あと1日だけ待ってみることにします。

翌日も、その翌日も、誰もこのガーデンにはやって来ませんでした。

私は、世話焼き猫さんへ相談してみました。
世話焼き猫さんは、私の好きにしたら良いと言ってくれました。

そして最後に、家出したグークをハンターさんが探しに行くこともあるよと言ってくれました。

もしも私が旅立ったなら、ハンターさんは・・・探しに来てくれるでしょうか?
もし・・・探しに来てくれなかったら・・・。
・・・いいえ、ハンターさんならきっと探しに来てくれるはずです。
でも、もし・・・。

あと1日だけ待ってみます。

・・・あと1日・・・。

・・・・・・・・・。

あれから何度目かの朝を迎えた私は、ハンターさんが今まで私にくれた、たくさんの洋服をしまっている箱を覗いてみました。
その中から、鬼神のような洋服を取り出しました。
これなら野生のグークと違って、きっと目立つはずです。

私は、鬼神の洋服に身を包んで世話焼き猫さんへ、今までのお礼と最後の挨拶をしてからガーデンを飛び出ました。

ハンターさん・・・。
私・・・待っていますね。
ハンターさんが迎えに来てくれるまで・・・ずっと・・・待っています。

そして、いつの日か・・・今よりももっと逞しくなって、大きく成長した私を見て驚かないで下さいね。

親愛なるハンターさんへ

あなたのグークより

— posted by JUBIA at 05:05 pm   pingTrackBack [0]

少年日記

<行商ばあちゃん編>

やぁ!
オイラ、モガの村からトーちゃんと魚を売りに船でやってきたんダ!
トーちゃんが仕事してる間は、港で遊んだり釣りして待ってんのサ!
待っている間、暇だから港をブラブラしてみたんダ!

今日も重たそうな荷物を抱えて商いをしている行商ばあちゃんがいたから話掛けてみたんダ!

「やぁ!ばあちゃん、なんでいつもその荷物背負ったままなのサ?」

「は?商売道具おっぴろげてただ黙って座っでだら、ただのひやかししか来ない普通の店と変わんねぇでねぇがっ」

「えっ?!」

「重い荷物を背負っで悲壮感出しでだら、何か買ってお婆さんの荷物を軽くしてやろうがなって気になるでねぇが?」

「えぇっ?!」

「自分よりも不幸そうな人を見だらば何がしてあげでぇなって思う深層心理を利用した一つの商法なんだからのぉ」

「・・・・・・」

「・・・・・・、まぁ、坊やも大人になったら分がるだろうさ、商売の難すさや世間ってものをね」

「・・・・・・」

オイラ・・・、触れてはいけない何かに触れてしまったのかナ・・・。
いくら純粋無垢なオイラでも分かるんダ!
行商ばあちゃんは、心のどこかに何かしらの深い闇を抱えているってサ・・・。

今日の出来事は、オイラの胸の奥にそっとしまっておくヨ!

— posted by JUBIA at 04:30 pm   pingTrackBack [0]

少年日記

<郵便アイルー編>

やぁ!
オイラ、モガの村からトーちゃんと魚を売りに船でやってきたんダ!
トーちゃんが仕事してる間は、港で遊んだり釣りして待ってんのサ!
待っている間、暇だから港をブラブラしてみたんダ!

今日もギルドカードを配っている郵便アイルーがいたから話掛けてみたんダ!

「やぁ!今日も配達頑張ってるネ!」

「は?これが仕事だからニャっ」

さっきまでニコニコとした顔付きが一瞬で真顔になった時は、さすがのオイラも少しビビったんダ!

「本当はサボリたいのに、こんなにすれ違いやがって、カスハン共にはホトホト困るニャっ」

「えっ?!」

「まぁ、でもこれだけ足を棒にしてまで集めてきやがったんだから、こちらとしても配らざるを得ないっていうかニャっ」

「えぇっ?!」

「ブニャニャニャニャッ、この俺様が配ってやるのニャっ、愚民共よ、地に這いつくばってこのカードを拾うがいいニャっ、ソーレっ、ホーレっ、ブニャニャニャニャーーッ」

「・・・・・・」

「・・・ニャっ・・・ニャハハっ・・・、一度でいいからそう言ってみたいが、そんな事をしたらギルドにクレーマーが電凸してくるから我慢してるニャっ」

「・・・・・・」

「・・・・・・ま、アレニャっ、君も大人になったら分かるのニャっ、仕事とか世間っていうものをニャっ」

オイラ・・・、触れてはいけない何かに触れてしまったのかナ・・・。
いくら純粋無垢なオイラでも分かるんダ!
郵便アイルーは、心のどこかに何かしらの深い闇を抱えているってサ・・・。

今日の出来事は、オイラの胸の奥にそっとしまっておくヨ!

— posted by JUBIA at 03:50 pm   pingTrackBack [0]

グークの恩返し

私はグークです。

今日、私が落ち込んでいると、世話焼き猫さんがエプロンのポッケからマタタビを1つ取り出して、私にくれました。
ありがとう猫さん。

でも、私はマタタビを食べられません。
このマタタビをどうしようか考えました。
いつも私に優しくしてくれる猫さんへの恩返しに、このマタタビを植えてマタタビがいっぱい増えたらそれを猫さんへあげようと思いました。

猫さんが見ていない隙に、ガーデンの隅っこへマタタビを埋めました。
早く大きくなるといいな。

それからしばらく経って、また私が落ち込んでいると、猫さんがエプロンのポッケからマタタビを1つ取り出して私にくれました。
ありがとう猫さん。

あれ?
前にも猫さんからマタタビをもらったような気がするのですが、そのマタタビをどこにやったのでしょうか?
うーん、うーん。
しばらく歩きながら考えました。
でも、いくら思い出そうとしてもすっかり忘れたようで、思い出す事は出来ませんでした。

それよりも、今もらったこのマタタビをどうしようかと考えました。
いつも私に優しくしてくれる猫さんへの恩返しに、このマタタビを植えてマタタビがいっぱい増えたらそれを猫さんへあげようと思いました。

猫さんが見ていない隙に、ガーデンの隅っこへマタタビを埋めようとしました。
あれ?
そこには何かが埋まってました。
よく見ると、干からびたマタタビが1つありました。

そうだった、前も今と同じように埋めたんだったと、ようやく思い出しました。
この辺りは雨が当たらないから、マタタビが干からびてしまったんでしょうか。
それなら今度は、池の近くに埋める事にしました。
ここなら水分もあるから大丈夫でしょう。
早く大きくなるといいな。

それからしばらくすると、ガーデンの大工事が始まりました。
どうやら私達の施設を改装をするようです。

あれ?
何か大事な事を忘れてる気がするのですが・・・。
うーん、うーん。
しばらく歩きながら考えました。
でも、いくら思い出そうとしてもすっかり忘れたようで、思い出す事は出来ませんでした。

職人さん達がいっぱい出入りして、みんな一生懸命施設を作っています。
何ができるのかなぁ。
楽しみだなぁ。
私は嬉しくて、嬉しくて、職人さんの回りをぐるぐると走りました。

トテテテテ、ドテっ。
「ピッ(痛っ)」

また転んでしまいました。
職人さんに心配をかけてしまったでしょうか。
チラッと職人さんを見上げてみました。

職人さんは、私を指差しながら猫さんに大声で何かを言いました。
猫さんはペコペコと頭を下げています。
なんだかよく分からないけれど、・・・ごめんなさい。

— posted by JUBIA at 05:12 pm   pingTrackBack [0]

Created in 0.0185 sec.
prev
2017.10
next
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31