club black
    ハッピーハムスター

[ カテゴリー » モンスター生態 ]

鳥竜種 イャンガルルガの生態報告

こんにちは。
東シュレイド共和国 古龍観測所
臨時研究員 生態学者 MaryDarcです。

今回報告するモンスターは最近、猟団内で話題の「イャンガルルガ」です。

竜盤目 鳥脚亜目 鳥竜下目 耳鳥竜上科 ガルルガ科に属す現在発見されている鳥竜種の中でも最強と名高いモンスターです。

鳥竜種とされますがその性格は鳥竜種には珍しく非常に凶暴で飛竜種に匹敵、場合によってはそれ以上の戦闘能力を持っています。

単独行動を好み、捕食や縄張り争い等の理由もなく戦闘そのものを好むという生物として異質な性格をしており
常に相手を求めて各地を放浪する習性があるようです。
放浪中、同種と鉢合わせた場合でも遠慮なくぶつかり合い、
時にイャンクックの縄張り争いに介入し、その場にいたイャンクックを皆殺しにしたという報告もあるほど。

また、プライドも高く一度戦い出すと決着をつけるまで休息も取らずに不利になってもなかなか逃げようとはせず、
獲物を仕留めても傷の回復を待つことなく次の相手を探しに飛び去ることも多いというのだから根っからの戦闘生物ですね。

イャンクックに比べると捕食機能の低いクチバシですが戦うために噛みついたり突き刺すのに適したようで
脚力も並みの飛竜よりも遥かに強く
黒くて堅い身にまとわれた甲殻はグラビモス並みに堅いと言われており、その怒りに呼応して強度を増す性質まで持ち合わせているのです。

さて、これほどまでに戦闘に長けたモンスター。どのように生まれたのでしょう。
ハンターに出くわした際の行動、毒腺の通った尻尾の先の形状がリオス種に似ていることや、
彼らの目撃情報が森丘や、密林、渓谷などリオレウスの飛来地域と重なることからリオレウスとイャンクックの混血種では?とも考えられています。

現在、この仮説を完全に否定する記録もなく、もしも仮にこの仮説が正しいと証明されれば
イャンクックに似た外見ながら鳥竜種を超えた飛竜並みの体力や脚力
混血したことで変異したレウス亜種よりも硬質化した甲殻やリオス種よりも強い尻尾に含まれた猛毒も
少しは頷けるのではないでしょうか。

かつて、イャンガルルガがまだ認識されずイャンクック亜種と誤認されていた時代、
イャンクック亜種討伐の名目で狩りに出かけていたハンター達。

ポーチの中身を使い果たし、アイルーに連れ戻されたハンター達。

気の毒です。

— posted by MaryDarc at 12:46 pm   pingTrackBack [0]

牙獣種 ラージャンの生態報告

こんにちは。
東シュレイド共和国 古龍観測所
臨時研究員 生態学者 MaryDarcです。

今回報告させて頂くのはこの世界きっての暴れん坊「ラージャン」です。

「超攻撃的生物」と称される彼等は遭遇して生き延びた者が少ない為に
「黒かった」「金色だった」「輝く翼で空を飛んでいた」等、
その目撃情報が一定せず交錯し
一時期は分類不能な生物として古龍を担当する研究者が調査を行ってきましたが
現在は情報が整理され、攻撃的な特徴を持つ牙獣種として位置づけられています。

火山や、渓谷、雪山など過酷な環境に生息。
怒りにより黒く覆われた毛から金色の毛へとその容姿も変貌する。

これはラージャンが古龍種 幻獣「キリン」の角を好んで食べることから
体に蓄積された電気を放出する為と思われます。

雪山に現れるキリンを求め、雪山に現れるラージャンは
キリンを食べることにより電気を蓄積し、「キリンの蒼角」が食べられるくらい育つと大人として認められるようです。

稀に興奮状態のラージャンをさらに超越した極めて凶暴な個体が存在していますが
ラージャン自体無理をしているため このような個体は寿命も短いようです。

その圧倒的パワーとその暴れっぷり恐れられるラージャン。

現在生息する地域から違う環境に適したラージャンの「亜種」なるモノが存在したならば・・・
考えただけで恐ろしいかぎりです。

— posted by MaryDarc at 09:53 am   pingTrackBack [0]

古龍種 ラオシャンロンの生態報告

こんにちは。
東シュレイド共和国 古龍観測所
臨時研究員 生態学者 MaryDarcです。

今回の生態報告は誰もがその大きさに一度は驚いたでしょう、「ラオシャンロン」です。

古龍目 山龍亜目 ラオシャンロン科に属し、その外見はまさに山の如し、
頭部には一本の角を持ち体の半分は首と尾が占め全長は約70Mにもなります。
飛竜種とは異なる祖を起源とすると考えられ
かつては翼があったとされますが、これは巨大化する進化の過程で退化したと考えられます。

しかし、これだけの巨体にも関わらず、移動中の目撃例はあるものの、移動していない時の
目撃例が極めて少ないため、生息域や生息数、生態はいまだ謎の方が多いのです。

性格は比較的 穏やかであり他の生物を襲うこともないようですが
ひとたび動き始めれば目の前にある全てを破壊し尽くしてしまう程で幾度となく街や村が被害にあってきました。
これまで、何故ラオシャンロンがそのような破壊を行うのか知られてはいなかったのですが、
長年の調査で一定の周期で生息域を移動、縄張りを定期的に廻ることを繰り返していると判明しました。

これら破壊行為は故意ではなく、自らの生息域を周期的に徘徊する習性だとすると
本来のラオシャンロンの移動ルートだった地域に人間が住み着いてしまったことが発端であり
そこに街や村を築いた以上、天災と同じく防ぎようがありません。

この世界に住む共存すべきモンスター達の生態を知らない無知な我々が
ラオシャンロンの生態系を崩し、習性を狂わせる行為を行ったとしても、人的被害が出てしまっているのも事実であり
せめてその進行方向を我々人間の居住区からそらすべく
国では進路上に砦を築き、追い返すようハンターに依頼しています。

ラオシャンロンがどこからやってきて、どこへ去るのか謎のままですが
調査担当 サー・ベイヌ氏によると
山腹に鉱物精錬所が建築された際、地震とともに地下からラオシャンロンが現れ、奥地へ去ったという実例もあり
甲殻を研究している古龍学者が彼らの表皮に堆積した鉱物や火山灰などが長きにわたり降り積もり、
それが体の熱で溶かされ、やがて甲殻の層を形成すると分析したため
おそらく彼等は数百年以上に及ぶ長い年月を地中で堆積物に埋もれながら休眠し、
少しずつ成長して、なんらかの理由で眠りと食事を妨げられたときに
活動するのかも知れないとしています。
だとすれば、移動している時以外の目撃例が少ないことも
見るもの全てが大きいこともうなずけるのではないでしょうか。
近年、アイルーが爆弾で行う鉱石採掘がこの成長過程のラオシャンロンを目覚めさせるかも知れないと
その危険性も指摘されています。

最後に興味深いのは同じく巨大モンスター、甲殻種シェンガオレンが背負うラオシャンロンの頭骨です。
これは、我々が見たラオシャンロンのそれよりもはるかに大きく
この世界にはこれ程までに成長したラオシャンロンが存在するという証であり
まだ見ぬ「存在するはずの」モンスターに、研究者として心踊らせずにはいられません。

— posted by MaryDarc at 07:04 am   pingTrackBack [0]

鳥竜種 イャンクックの生態報告

こんにちは。
東シュレイド共和国 古龍観測所
臨時研究員 生態学者 MaryDarcです。

今回生態報告させて頂くモンスターは
男女問わず人気が高く、狩人の間では先生と慕われる「イャンクック」です。

竜盤目 鳥脚亜目 鳥竜下目 耳鳥竜上科 クック科に属し、
密林や森丘など温かい地域に生息。
これはエサとなる釣りミミズが多く取れるためと思われます。

その名前の由来は英語で「耳」を意味する「イヤー」をもじった「イャン」と
雄鶏(おんどり)を意味する「クック」が合わさったものと言われ
名前の示す通り頭の上に聴覚が発達した扇状の大きな耳と上アゴにかぶさった
しゃくれた巨大なクチバシが特徴。
イャンクックは そのクチバシを使い地中にいる昆虫や釣りミミズを
土ごとすくい上げ食べます。

またハチミツも好んで食べ、食べる際 巣の周りで暴れるため
ハチミツの採取ポイントに怪鳥の鱗が落ちていることも。

イャンクックはその体を小さな虫だけで維持するため、個体ごとに縄張りを持って分けており
年に一度、雄同士が集団で争って縄張りを決めたり、
主食である釣りミミズが大発生すると一緒に大繁殖する傾向にあるので
ギルドからハンターにイャンクックの連続討伐が依頼されることもあります。

さて、このイャンクック。
なぜ「先生」と呼ばれるのでしょうか。

これは狩猟生活において必要な「狩りの基本」を教えてくれる存在だという事に他なりません。
ドスランポス、ドスファンゴと乗り越えた新米ハンターにとって
まず狩りの厳しさを教えてくれるのが「イャンクック」なのです。
飛行能力を持つ者に対してのペイントボールの必要性、使い方、
これから先 戦うであろう飛竜種他、立ちはだかる壁、リオレウスを彷彿とさせる攻撃方法、
狩猟において必要なモンスター個々の、「パターンを読む」ということを
言葉はなくとも肌で感じさせ、実戦で教えてくれるのです。

素材集めや試し斬りに来たベテランハンターにでさえ、
「またかよ」と思わせるしつこい連続回転をみせる
クック先生は、狩猟の学問にも王道なしと教えてくれるまさに
「先生」の名に相応しいモンスターではないでしょうか。

— posted by MaryDarc at 06:00 pm   pingTrackBack [0]

草食種 ケルビの生態報告

みなさん こんにちは。
東シュレイド共和国 古龍観測所
臨時研究員 生態学者 MaryDarcです。

記念すべき第一回目の生態報告対象モンスターは
私たちの猟団名「天をつらぬくケルビ角」にも記載されている「ケルビ」です。

ケルビは偶蹄目ケルビ科に属し、この世界の中で数少ない「雌雄」の判別できる生き物です。
長い角を携え少し黄色みがかった個体が雄で、垂れた耳で灰色の個体が雌と判明しています。

密林や樹海など比較的温暖な場所から、沼地、はたまた雪山などの気温の低い場所でも
観測でき、幅広い地域に生息、
主に集団で行動し、昼は外で草などを食べ、夜は洞窟などで休むようです。

危害を加えられた雄のケルビは角を振り回して攻撃してくることもありますが
普段は温厚でおとなしく警戒心が強い為、素材集めのために近づくと軽やかなステップで
かわされイラっとしたハンターも多いのではないでしょうか。

ケルビの肉は歯ごたえがあり大変美味で
その中でも稀に取れる「ホワイトレバー」はとろっとした食感で人気。
そのため家畜として飼われている地域もあるようです。

皮は防寒具や鎧のつなぎ目に使用され新米ハンターの必要素材となるだけでなく
雄から取れる角は、いにしえの秘薬の調合素材になり
細かく砕いて煎じると腹痛薬にもなるため
ハンター達の狩猟生活のみならず、住人達にもなくてはならない存在なのです。

ときにケルビ達の求愛行動も見られますが
「狩るか狩られるか」の弱肉強食の世界で
愛ある行動を見せてくれるケルビ達が、
私たちハンターに狩りで忘れがちな「愛」や「絆」を
思い出させてくれているのかも知れませんね。

私たち猟団も強い「絆」で「愛」ある狩猟に努めたいと思います。

ケルビは人畜無害な生き物です。
狩猟規則を守って
乱獲しないように十分注意しましょう。

— posted by MaryDarc at 12:14 am   pingTrackBack [0]

モンスター生態 報告にあたって

こんにちは。
東シュレイド共和国 古龍観測所
臨時研究員 生態学者 MaryDarcです。

ここでは この世界に生きる愛すべき様々なモンスター達を
もっともっと愛して頂けるよう
わたくしMaryDarcの観点から、彼(彼女)達の生態をひとつひとつ報告していきたいと思います。

なお、モンスターの生態については
公式設定、各種調査資料、及び各ハンターのみなさまの情報に加え
「わたくしMaryDarcの経験から導きだした答え等、個人的な意見」を含む為、
事実と異なることや、想像、憶測でしかないことがあるかもしれませんが
あくまで わたくし個人の見解であり故意に事実と異なることを申し上げてる訳ではございませんので
たくさんある情報の一つとしてお読みくだされば幸いです。

— posted by MaryDarc at 07:39 pm   pingTrackBack [0]

Created in 0.0110 sec.
prev
2017.6
next
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30