club black
    ハッピーハムスター

今月のねこぱんち

こんにちわ、JUBIAです。
猫草といえば、草を食べた後にカーペットの上にゲロされると、色がなかなか落ちなかった思ひ出が・・・。

さて、今月の「ねこぱんち夏草号」。

特集は、猫又関連のお話。

【今月号の推しネコ!】

■きょうのらすぼす譚(著:柿生みのり氏)
らすぼすが子猫だった頃がとても可愛いです。
今とは全然顔付きが違うんですね。

■ちんまりチロQ(著:たじまタジ子氏)
チロちゃんの災難が・・・お母さんへと?!

■猫侍シーズン2(著:ほしのなつみ氏)
今回はドラマでの設定を少し変えてますが、面白かったです。

■ある日チョーミーと(著:藤野ニコ氏)
あるあるの話に、共感します。

■江の島ワイキキ食堂(著:岡井ハルコ氏)
ダークヒーローになれなかったオードリーが。。。

■ねジこ ちぇんじあっぷ!(著:千里ちひろ氏)
縁ってホントに大事。

さてさて、今ではゆるゆるで掲載されているしょぼにゃんさん。
「しょぼにゃん」と「もっと!しょぼにゃん」の単行本を購入致しました。
最初から残念さは変わりませんが、もっと!の方が新キャラも増えて、色んな意味でパワーアップしてとても面白かったです。
興味がある方は是非♪

— posted by JUBIA at 03:25 pm   pingTrackBack [0]

スピンオファンゴ君 シーズン4

[ファンゴママ編]

これは、ファンゴ君の妹が旅に出る少し前のお話し。

「ねぇねぇ、お母さん、前から気になってたんだけど、お兄ちゃんのあの青いスカーフって・・・お父さんから貰った物なの?私は何にも貰ってないのに・・・」
「えっ?アレは・・・お父さんのじゃないのよ」
「えぇっ?そうなの?お兄ちゃん・・・アレお父さんから貰ったと思ってるよぉ?」
「えっ?そうなの?・・・あら、どうしましょう・・・」
母娘の間でしばらくの沈黙が続いた。

「それじゃ誰から貰ったの?」
「それはね・・・お母さんがまだお父さんと知り合う前に、お付き合いしていた方なのよ」
「えーっ?元彼って事?」
「そうよ・・・とてもハンサムで人気もあったんだけど・・・喧嘩にはめっぽう弱くてね・・・」
母は思い出しながら、はにかむように苦笑いをした。

「それで、喧嘩に強くなりますようにって、お母さんが付けていたスカーフをプレゼントしたのよ」
「・・・で?強くなったの?」
「(くすくす)ぜ~んぜんっ!」
「ダメじゃん、そいつ!」

「でもね、正義感が強くて優しいところもあるのよ。優しいくせに喧嘩がモン一倍弱いから、お母さんを取り合いして他の雄と喧嘩になった時は、お母さんがその彼の代わりに戦ったものよ」
「なによ、ソレ・・・カッコワル・・・ってお母さん、そんなに強かったの?!」
その辺の雄共にも負けず、連戦連勝の日々を思い出す母。

「ふふっ。でもね、ある日、いつものように代打でお母さんが喧嘩した時、初めてお母さんが負けたことがあったの」
「もしかして・・・それってお父さん?」
母は恥ずかしそうに照れ笑いをした。

「そう。初めて負けた悔しさも勿論あったけど、それよりもめちゃめちゃ強いお父さんに一目で恋をしてしまったのよ」
「・・・で、乗り換えたってワケね。お母さんもやるじゃない」
父は、誰よりも強く、喧嘩では負け知らずの密林では唯一無二の存在だった。

「お父さんはね、攻撃力が強いのはもちろん、なんといっても独特の観察眼を持ってるのよ」
「観察眼?ナニソレ??」
「相手の弱点や、次の一手を予測したりして、攻略方法を瞬時に確立するのがお父さんの一番すごい所よ。もちろん、相手が瀕死状態になる瞬間も見逃さないわ」
母は、自慢げに父の事を語った。

「お父さんって、すごいのね!そういえば、お父さんって今どこにいるの?ずっと会ってないけど・・・」
「お父さんはね・・・俺は究極のドスファンゴになるっ!って修行の旅に出てるのよ(くすくす)」
「さすが、親子ね。誰かさんとそっくりだわ」
しかし、あの負けず嫌いの性格は母譲りか・・・と密かに妹ファンゴは思っていた。

— posted by JUBIA at 03:21 pm   pingTrackBack [0]

エレベーター幽霊

こんにちわ、JUBIAです。

さて、本日は「流行り神2」。

[小暮編 エレベーター幽霊]

これは、小暮さんがまだ乾署にいた頃のお話。

残業を終えた小暮は、深夜に警視庁へ資料を届けに行く事に。
その直前、先輩刑事からエレベーターにまつわる怪談を耳にする。

誰もいない階で止まったエレベーターには、幽霊が乗ってくる。

警視庁の目的部署がある12Fに行こうと、エレベーターに一人で乗った小暮。
すると、押してもいない10Fでエレベーターが止まり、開いた扉の先には誰もおらず、小暮がそこでエレベーターを降りると、そこには管理官・御園雛子がいた。

雛子は、警視庁内で起きた殺人事件について、内密に調査をしていると告げ、小暮はその手伝いをする事になった。
隠密調査とあって、小暮は毎晩、深夜に警視庁に赴き、雛子と事件があったと思われる10Fの証拠品保管宝庫から調査を開始した。

調査を続けて数日が過ぎた頃、これといって証拠となる物が見付からず、小暮は雛子に肝心の事件の内容等について聞くが、詳しくは話せないとして雛子はその詳細を明らかにしなかった。

そんなある日、小暮は警視庁のエレベーター内で幽霊を目撃してしまう。

果たして、エレベーター内で見掛けた幽霊の正体とは・・・?
雛子が単独捜査している事件とは・・・?

本編も、分岐ルートはありません。
しかしながら、ゲームオーバーになる選択肢が三つあります。
霊感がある小暮さんならではの物語で楽しめました。
もしも・・・誰もいない階でエレベーターが止まったら・・・と思うと、ちょっと背筋が寒いです。

— posted by JUBIA at 03:20 pm   pingTrackBack [0]

それぞれの過去

こんにちわ、初めてクールパッドなるものを使ってみたJUBIAです。

この暑い時期、寝苦しさを快適にすると言われる涼感敷パッドを購入してみました。
ベッドのシーツを取っ払い、クールパッドを敷いて寝ること10分。
なんか、背中とお尻の辺りに熱がこもって暖かくなりました。。。
表面はツルツルした触感で、最初は涼しくなるかなと期待しましたが、綿100%の普通のシーツの方が熱がこもらないので、元に戻しました。
クールパッドならぬ、ホットパッドだったようです。

別のメーカーだとそんなことないのかしら?
買う前に、そのパッドに手をしばらく置いてどうなるかをきちんと確かめないとダメですね。

さて、本日も「ヘラクレスの栄光 魂の証明」。

物語も後半になると、記憶が曖昧だったパーティーキャラの一人ずつが何者だったのか判明してきます。

ヘラクレスの過去が分かって軽く涙し、そしてロコスの過去が分かってまた涙。。。
ロコスの悲しい過去の話で空気が湿っぽくなっていると、ヘラクレスの「わはははー!悲しい時は笑うんだ」的なセリフに少し元気を取り戻したロコス。
グッジョブ、ヘラクレス!

物語で最後となる町へとやってきました。
有り金を全てつぎ込んで武具を揃えたいと思います。

— posted by JUBIA at 03:32 pm   pingTrackBack [0]

ビンゴカード 1枚目

こんにちわ、Toshiyaです。

レベル15から解放されるコンテンツ。

「ビンゴカード」

これは多種多様なミッションが24個用意されていて
ひとつひとつクリアしていき、ビンゴが揃う度に
なにかしらのご褒美が貰えるというもの。

ツムツムのエンドコンテンツでございます。

しかもこのビンゴカード。
1枚目をクリアしたら2枚目以降は10枚もあるビンゴカード
好きなものから始められ、中断、再開も自由という素晴らしく
自由度の高いものとなっております。

詰んでも違うカードからコツコツ進められるのです。

で、一枚目の難敵がこちら。
20150727A



厳しすぎる。
超えなくてはいけない壁。
クック先生と一緒です(笑)

僕のように下手な方はレベル1では厳しいと思います。
スキルMAXにするくらいで攻略法はありません。

でクリアしました
20150727B



この先に見える広大な大地に降りたつ為にも
挫けずに頑張って下さい!

さっ次は何のビンゴカードをやろうかな。

— posted by Toshiya at 01:26 pm   pingTrackBack [0]

今月のねこぱんち 号外

こんにちわ、JUBIAです。

さて、本日は「ねこぱんちPREMIUM」。

これは、「ゆるゆるねこぱんち」と「ねこぱんち」に掲載された中からの特選総集編となっており、今月発売されております。
作品は下記の通りで、各数話ずつになります。

ねこじぞう[著:池田さとみ氏]
ショート版 キジトラ猫の小梅さん[著:ほしのなつみ氏]
旅は猫連れ[著:前田とも氏]
しょぼにゃんさん[著:きっか氏]
猫街盆栽店[著:池野みじこ氏]
きょうのにゃこ譚[著:柿生みのり氏]
おひとりさま[著:えす☆おう氏]
あなたが私に語ること[著:奈知未佐子氏]
ゆるねこ[著:空乃さかな氏]

さすが総集編とあって、読み応え抜群です。
気になる方は是非♪

— posted by JUBIA at 03:26 pm   pingTrackBack [0]

スピンオファンゴ君 シーズン4

[リノッチ編]

天空山で、4次元マンションを多用しながらファンゴを探している内に、いつのまにか別のフィールドへと辿り着いてしまったリノッチ。

「ま、マズイな・・・シュールに道に迷ってしまったぞ」
完全なる迷子と化したリノッチは、単独で探索することにした。

どうやら、ここは一本道になっているようだ。
平原のような景色だったり、突出した細い岩柱が沢山あったり、狭い通路だったりと、未知のエリアに足を踏み入れるごとに、その景観は違っていた。

すると、上空から大きな鳥のようなモンスターが舞い降りてきた。
「なっ、なんだ?あのデカい耳とクチバシは?!シュール過ぎるぜっ!」

それは、リノッチが初めて目にするイャンクック亜種だった。
幸い、こちらに危害を加えそうな雰囲気は感じられず、イャンクック亜種は地面を掘り返しては虫を捕食するのに夢中だった。

「今の内に、そっと通り過ぎるのがシュールだな」
リノッチは、イャンクック亜種を刺激しないよう次のエリアへと進んだ。

と、そのエリアに入った途端、目の前に青と白の縞模様で、馬のようなモンスターが凛と佇んでいた。
「なんだっ、アイツ?!なんか・・・シュールにカッコイイな」
それもまた、リノッチが初めて目にするモンスター、キリン亜種だった。

キリン亜種もまた、こちらに危害を加えそうな気配は感じられず、優雅にエリア内を闊歩していた。
「なんかこの辺のモンスターって、穏やかでシュールなヤツが多いのな」
リノッチは、少し安心しながら更に次のエリアへと目指した。

隣りのエリアへ入ると、これまでの長旅の疲れが一気に湧き出てきた。
どこか休める所はないかと探したリノッチは、淡いピンク色の結晶の塊のような物の近くへドスっと腰を下ろした。
「あ~、シュールな疲労でクタクタだ」
リノッチは、結晶の塊へ背中を預けた。

すると、その結晶の塊だと思っていたモノが、ズズズっとその正体を現した。
「おわっ?!な、なんだなんだっ?!」

それは岩の塊のようなモンスターで、背中や身体のあちこちにピンクの結晶を付けたバサルモス亜種だった。
「やぁ、こんにちわ」

「えっ?」
バサルモス亜種から声を掛けられたリノッチは、一瞬、戸惑ってしまった。

「あ・・・あぁ、こんちわっ!えーと・・・君は・・・」
「僕はバサルモス亜種だよ」
「あ、あぁ、バサルモス亜種か・・・えーと、天空山ってどっちに行ったらシュールに辿り着けるか知ってっか?」
バサルモス亜種は、う~ん、う~んと頭を左右へ捻って考えた。

「僕、生まれも育ちもこの未知の樹海だから、天空山って所は知らないんだ」
「へ、へぇー、ここって未知の樹海って言うんだ」
「ここはね、一度迷い込んだら二度と出られない不思議な場所らしいんだ」
「は?なんだよ、二度と出られないって?!」
「でも話によると、入る度に地形が変わってるらしいんだ。僕は地形が変わってるなんて全然感じないんだけどね」
「なんだよ、それ?!まるでシュールな迷宮じゃねぇか!」
リノッチは、急に不安になった。

「でも、ハンター達はなんらかの手段でここを行き来してるみたいだから、この隣りの行き止まりの所にいる人間のお爺さんに聞いたら出られるかもしれないよ?」
「ゲっ?!ジジィハンターかっ?!歳老いても尚シュールだな」
「ハンターじゃなくて、ハンター達をお迎えに来てるみたいだよ」
う~ん、でもあまり人間とは関わり合いたくないしな・・・。
・・・って、その前に、俺が人間と話が通じるワケないだろっ!

「ここに来る途中、アイルーがいなかったかい?アイルーなら通訳してくれると思うよ」
確かに、ここに来る途中、ポツンと寂しそうに誰かを待っているようなアイルーが一匹いたな。
また戻るのか・・・疲労がまたシュールに蓄積されるな。

「取り敢えず、分かったよ。アイルーを探しに行ってみるとするよ。ありがとう!」
リノッチは、アイルーがいた場所へ戻り、事の経緯を説明した。
快く通訳を引き受けてくれたアイルーを伴って、行き止まりのお爺さんがいる場所へとやってきた。

「お爺さん、お爺さん、このリノプロスが可哀相な迷子になったみたいだから、地底火山でも氷海でもどこでもいいから送ってって欲しいニャ」
アイルーがお願いすると、お爺さんは微笑んで快く承諾してくれたようだった。

「おいっ、ちゃんと説明したんだろうな?目的地はシュールな天空山だぞ?」
「ニャー。ちゃんと説明したニャー」
「そうか。ありがとうな」
リノッチは、馬車へ乗せられると、通訳してくれたアイルーへ手を振った。

「よし、これでやっと天空山に戻れっぞ!ファンゴ、俺が辿り着くまでシュールに待ってろよっ!!」

リノッチを乗せた馬車は、地底火山へと向かった。

— posted by JUBIA at 03:28 pm   pingTrackBack [0]

MHFG定期便

こんにちわ、Toshiyaです。

たまにのMHFGネタを。

少し前に重大発表があったうようです

ジンオウガ参戦。
イビルジョー参戦。
ブラキディオス参戦。

なるほど。
・・・
で?っていう。

ここにきて、本家から輸入。ですね。
新モンス作るよりも持ってきた方がインパクトがある。と。
光だの雷極だの属性増やした割には爆破属性を欲しがると。

だんだん、収入落ちて来てるから
ここいらで人増やさないとまずいから本家から人を呼び込もうと。

まぁ好きにして下さい。
それで人が増えるならそれでもいいでしょう。
本家も4で腐りきったですし。

クロスが発売されますが、どうなんでしょうね。
ギルクエがあったら買いません。
楽しい楽しい言ってる方もいるでしょうが、
あんな糞システムに興味がありません。

フロンティアの時もシステムについて指摘してましたし、
楽しい楽しい言ってる方もいるでしょうが、
現に人増えてないでしょう(笑)減ってるでしょう。
マンネリしてるとか飽きたからとかじゃ無いんだってw

それでも、今も20000人弱遊んでるんですけどね
全鯖足してですけどw
昔は集計に360入ってなかったのに、いつのまにか含まれてるし(笑)

烈種だの始種だの遷悠種だのわけわかんないのを相変わらず増やして
しまいにはヤマクライ。

アホか

なんで亜種とかにしないの。
その名前だけ付けて新モンスです。って数だけどうにかしようと
すんの、いいかげんやめろって。それこそ飽きたわ。

ギアオルグもアビオルグの亜種だろ。
いちいち名前変えるのやめろって。

とまぁ相変わらず何も変わらないフロンティアですが
今も遊んでる方がいるので、その方達の為に縦に積み上げていくんでしょう。
横に広げていって欲しかったです。無念。

ただ、wiiUのトライGHDにも未だに3000人ほどいらっしゃいました。
こちらは無料なうえに名作です!!!
ぜひ、遊んでない方は遊んでください。
オススメです!

では。

— posted by Toshiya at 01:44 pm   pingTrackBack [0]

ピックアップガチャ まわしました

こんにちわ、Toshiyaです。

ピックアップガチャが週末に開始されました。
前の2回は始めたばっかだったのでコインが無くあきらめました。

ハチプー欲しかったです。。。

今回はピックアップガチャの為にコインを貯めてりましたので
回しまくりました。

20150720F



完売でございます(笑)

その中でも彼
20150720G


そうリトル・グリーン・メン!

ありがたや。ありがたや。

ビンゴも詰んだー友達もいねーって人(笑)は
手に入らないです。これ。

自分もツムツム下手なんでw
ビンゴカード、いつになったらクリアーして手に入れられるんだろーって思ってました。
それまで、経験値もったいないなぁと。

小躍りしちゃいました(笑)

んでもって
20150720H



こうなりました。
増えました増えました。
頑張ってレベル上げないとスコア下がっちゃうw

— posted by Toshiya at 12:09 am   pingTrackBack [0]

ツムグランプリGP クリア!!

こんにちわ、Toshiyaです。

ツムツム絶賛やってます。

ツムグランプリGPクリアしました。
始まって3日くらいでクリアしたんですが(笑)
先週は祝小説週間でしたので、記事は一週間遅れとなりました。

20150720C



ピンズも貰いました!!
初ピンズなんで嬉しかったですね。

20150720B



このピンズ、つけたら外せないじゃん!って騒いでる方がレビューとかでいるんですよね。
なんだろ。別に外せなくていいと思うんですけど・・・

他の人つけてないからつけてるの嫌。とか良くわかんないです。
このあたりが日本人気質なんですかね。
外国あたりだと、俺スゲー的な感じで喜ばれそうですけど、
あんなにMMOとかモンハンだと俺スゲーをやる奴が多いのに
ツムツムは違うんだなーと。やっぱ客層ですかね。

それよりも
下の画像です。

20150720A



はい。間違ってます。
何が?って?
ダイスの目ですね。対面の和が7になるのが正解なのです。
ですので3と4が隣り合わせになる事はありえません。

きちんと、運営にお伝えしました。
謝罪&開発の方に伝えて頂けるそうです。
ま、画像差し替えとか必要なんでイベント中には対応不可能なようです。

はい。秒で気付きました。
ボドゲー作ってんのにこんな事も気が付かないのかと思われたくないですし(笑)
無知な方がサイコロの絵描いちゃったんですね。
きちんと実物見ながら書けと(笑)

あとメーターのダイスね。
全部6なら、振る意味無いじゃん
テーブルトークならD6+6と言ってね。ごにょごにょごにょ

でもまぁイベントはとても楽しかったです!
ツムツムは面白いんで好きです。

— posted by Toshiya at 11:53 pm   pingTrackBack [0]

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.0190 sec.
prev
2015.7
next
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31