club black
    ハッピーハムスター

エレベーター幽霊

こんにちわ、JUBIAです。

さて、本日は「流行り神2」。

[小暮編 エレベーター幽霊]

これは、小暮さんがまだ乾署にいた頃のお話。

残業を終えた小暮は、深夜に警視庁へ資料を届けに行く事に。
その直前、先輩刑事からエレベーターにまつわる怪談を耳にする。

誰もいない階で止まったエレベーターには、幽霊が乗ってくる。

警視庁の目的部署がある12Fに行こうと、エレベーターに一人で乗った小暮。
すると、押してもいない10Fでエレベーターが止まり、開いた扉の先には誰もおらず、小暮がそこでエレベーターを降りると、そこには管理官・御園雛子がいた。

雛子は、警視庁内で起きた殺人事件について、内密に調査をしていると告げ、小暮はその手伝いをする事になった。
隠密調査とあって、小暮は毎晩、深夜に警視庁に赴き、雛子と事件があったと思われる10Fの証拠品保管宝庫から調査を開始した。

調査を続けて数日が過ぎた頃、これといって証拠となる物が見付からず、小暮は雛子に肝心の事件の内容等について聞くが、詳しくは話せないとして雛子はその詳細を明らかにしなかった。

そんなある日、小暮は警視庁のエレベーター内で幽霊を目撃してしまう。

果たして、エレベーター内で見掛けた幽霊の正体とは・・・?
雛子が単独捜査している事件とは・・・?

本編も、分岐ルートはありません。
しかしながら、ゲームオーバーになる選択肢が三つあります。
霊感がある小暮さんならではの物語で楽しめました。
もしも・・・誰もいない階でエレベーターが止まったら・・・と思うと、ちょっと背筋が寒いです。

— posted by JUBIA at 03:20 pm   pingTrackBack [0]

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.1972 sec.
prev
2015.7
next
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31